世界ぷらぷらロゴトップ

旅から帰ると、しなくてはならないことが発生する。

楽しかった時間が終わりを告げる、自由だった時間が終わりを告げる。
そうまで感じる必要もないだろうが、ある程度の現実的な作業に立ち向かわなくてはならない。

そんな雑事をまとめてみる。




 ・日本行きチケット購入

  航空チケット

   ネット、旅行代理店でなど、取得方法はいろいろ。
   東南アジアからだと、バンコクから飛ぶのが一般的。

   ※頻繁に タイー日本 を(GWや年末年始に)往復する場合には、バンコクで往復チケットを購入した
     ほうが割安。
    ただし、次回の日本出発時に「万が一入国できなかった場合には、自己の責任に於いて対処する」
     と言ったような「念書、誓約書」を書かされる可能性あり。

  船舶チケット

   船会社、旅行代理店でなど、取得方法はいろいろ。
   船で日本に帰る場合には、一般的にはアジアからの航路となる。

    台湾発(原油高のため、2008運休中)
    韓国発 釜山、東海など
    中国発 上海、天津、青島など
    ロシア発など

   日本発着の国際航路は、こちらのサイトが充実。

 ・入国審査(関税含む)

  日本人が日本に帰国するにあたって、特に問題はない。
  ただし、幾分は注意する点があると感じている。

   服装は清潔に。
   髪型は常識的に。

  長旅から帰ってきたからと言って、必ずしもチェックされることは少ない。
  私の場合、1年以上の旅から帰国したことが、過去に4回ほどある。1度も荷物を開けられたことはない
  し、別室に連れていたこともないが、そういった注意が効果ありのためかもしれない。

  友人の状況からして、ドレッド・ヘアーや極端に汚い服装などの場合に、別室に連れて行かれることが
  多いと感じる。

  帰国する国からによって、審査の厳しさにも多少の違いがあるかもしれない。

  審査官も人間なので、そういった差異があるのは当然だ。
  面倒なことを避けるために、ある程度の注意を払うこともありだと思う。ただし、そのために、敢えて自分
  のスタイルを変える必要もないと思うが。

  ちなみに、カップルで入国の場合には、男1人での入国の場合より調べられる可能性が少ない気がする。
  ※女1人での場合は不明。

up↑

 ・住民票届出

  長期旅行に出る前に住民票を抜いて(日本から転出して)いた場合には、帰国後2週間以内に役所に
  転入届を提出する必要がある。

  転入届には帰国印の押されたパスポートを、窓口に持参する必要がある。
  転入日の確認をするためであり、「どこから」帰国したかをチェックする目的ではなかった様子。

  ※以前に提出したときには1回も必要なかったが、今回(2008年)の帰国で初めて要求された。

  ※銀行、クレジットカードなど、登録先の住所と異なる住所に転入した場合には、早めに手続きをした
   方が良い。

up↑

 ・携帯電話再利用

  以前に利用していたキャリア・番号をそのまま利用する。
  一時休止を解除するだけだが、新しく契約することになる。電話番号にこだわりがない場合には、新規
  で新しい携帯電話を購入した方がお得感がある。

 ・携帯電話購入

  「携帯電話ゼロ円!!」などという販売方式がなくなり、携帯電話端末料金があがった。
  割賦販売が一般的となり、分割払いによる携帯電話端末の値上げが行われた。これにより、通話料が
  下がることになり、携帯端末を短期間で買い換えない場合には、以前よりも携帯電話に関わるコストが
  全般に下げられたことになる。

  とはいえ、新規契約の場合には、1万円未満での購入が可能である。
  例として、DOCOMOの場合には、私が今住んでいる浦安では、705i は5000円未満、905i は10000円
  未満で販売されている。

  携帯電話の購入に必要なものは、身分証明書、お金くらい。
  ただし、銀行引落し、クレジットカード払いだけで、コンビニ払いがなくなっている様子だった(確認はして
  いないけど)。

up↑

 ・国民年金届出

  長期旅行に出る前に住民票を抜いて(日本から転出して)いた場合には、自分から届出をせずとも住民
  票を提出すると、先方から届出用紙が送付されてくる。

  帰国した月中に就職した場合を除いて(厚生年金などに加入)、原則的には 支払い義務が発生する。

  ※私の場合には、8/19 帰国、9/1 就職のために、8月分を支払うように催促が来た。

  ※どう考えるかは個人の自由と言うか、実際的に納付割合はかなり低いようだけれど・・・。

up↑

 ・無職の状態で新居を探すことになる人も多いかもしれない。

  その場合も、部屋を探すことはそれほど難しくないかもしれない。ただし、ダメな物件(オーナー)もあるの
  で多少は条件などが限られてくる。

  最近は、日本独特の悪習と感じられる「敷金・礼金」も多少は少なくなっている気がした。

 ・家電製品(参考)

  帰国してすぐに転居をする場合には、全ての電化製品を買い揃える人も多いだろう。
  その場合には、私は15万円程度の出費が必要だった。

  冷蔵庫、ガステーブル、洗濯機、電話、電子レンジ、電気(×2)、ホットカーペット(×2)、炊飯器、こたつ・・・

 ・インターネット/固定電話

  ADSLと光回線でのインターネット利用が一般的らしい。
  光回線のほうが幾分高いが、光回線でもマンション・プランを利用できる場合には、割引料金となる。
  また、固定電話を利用したい場合に「光電話」が、月額1000円未満で利用できる。パソコン−パソコン
  で、IP電話で話す場合には通話料無料だが、固定電話に掛けることが多いなら、光電話の選択もあり
  だと思う。

 ・郵便局への届出

  特に自分から届け出ずとも、最初の郵便が届いた時点で、問い合わせの葉書がポストに入る。
  簡単に必要事項を記載して、ポストに入れれば良い。

up↑

 ・旅中にお世話になった人
 ・旅中に仲良くなった人
 ・旅に行く前にお世話になった人

  そんな人たちには是非とも連絡したくなる。

  長旅を終えて、すぐに実家に戻る人も多いが、同様に友人たちを訪ね歩いてから帰宅する人も多い。
  日本中に散らばった友人たちを訪れる機会は、一箇所に落ち着いてからでは少なくなる。
  金銭的にも、南から北へ(または逆)一方向の移動で済ませたほうが安くなる。就職してからでは、まと
  まった時間を取るのが難しい日本社会ではなおさらに「ゆっくり友人と過ごす機会」としては最後のもの
  になるかもしれない。

  残念ながら、私は計画を大幅に変更し、ゆっくりと友人と過ごす時間を持てなかった。
  お盆の時期に帰国したこともあり、忙しい友人が多かったりと悪条件も重なってしまった。


  世界の各地で出会った友人たちと語り合い、酒を飲むのもまた旅の醍醐味。
  そこで出会った者同士にしか味わえない何かがあるはず!!

  また、旅立ち前にお世話になった人たちと旧交を温め、長い旅中のお互いの変化を語り合うのも楽しい。


  ともかく人間関係は大切!!

up↑

 ・(可能なら) 五体満足で帰ったことを報告

 ・(ほぼ間違いなく) 心配を掛けていたので、今後も含めてなるべく安心させることが出来たらいいけど・・・
   難しい??

up↑

 すぐに仕事をするかどうかはともかくとして、今の日本社会は「働かざる者、食うべからず」といった共通
 概念が生きている気がする。

 ま、全ては自由。
 生きていくために必要なだけのお金を稼がないと言うのも(多くの人にとっては)真理。

 どこで満足するか、どういう生活で満足できるか。
 そこは旅によって変わって来ているかもしれない。
 それによって、帰国後の日本での生活スタイルが変わってくる。

 田舎暮らしをする者、旅前の生活に戻る者、再び旅に出るための生活に戻る者・・・

 ・就職活動

  ハローワーク
  インターネット
  求人誌
  就職活動フェア
  ツテ

 私自身は、帰国後の就職活動を行っていないので、実体験はなし。
 ただし、友人たちの様子を見ると、みんな、普通に旅前に近い状態に戻っている。

 特に、「旅前には定職に就いて働いていた」人たちは、すんなりと再就職しているケースが多いように感
 じる。
 まじめに働く意思があれば、どうにかなる!!

 ずっと、旅→帰国→貯金→旅→帰国→貯金→旅 の繰り返しの人たちについても、元の生活に戻る人
 が多い様子。


 ※景気の影響もあり、また、ある程度の待遇の下落はやむを得ない面もある。

up↑

 ・海外旅行保険解約

  長期で海外旅行保険を掛けていた場合には、保険期間を残して予定より早く帰国することも考えられる。
  その場合には、保険の掛け金の払い戻しがある場合が多いので、帰国後すぐに払い戻しの有無を確認
  した方が良い。

  また、保険金請求についても、旅行期間中に出来なかった場合には、速やかに請求する必要がある。

 ・運転免許証の更新、もしくは再発行、再テスト(試験免除)

  詳細はこちら。

 ・大掃除

  長旅で使用したバッグ・洋服などは、とにかく汚れている。
  虫が着いている可能性もあり、早期に選択する必要がある。また、手洗いを重ねていた衣服は、自分で
  は気づかずとも疲れた匂いが染み付いているかもしれないので、よく洗ったほうが良い。

 ・荷物整理

  自分で持って帰ってきた荷物以外にも、お土産など旅先から送付した人も多いはず。
  それらの整理は、日常生活が忙しくなる前に片付けたほうが気分が良い(かも)。

 ・負債整理?

  人によっては、家族や友人などに、何かの支払いを頼んでいることも考えられる。
  そういった整理は忘れずに。

  クレジットカードで買い物をしていた場合には、支払日が来る前に返済すれば利息が減ることもある。

 ・郵便物整理

  旅中にも、さまざまな郵便物が届いている可能性が多い。
  中には重要な手紙も混じっているかもしれないので、早めに確認したほうが良い。

 ・日本食満喫!!

  帰国後の後片付けには関係ないけど、やっぱり日本食は最高!!
  食べ過ぎて体重が増えてしまう人が多い(私も・・・)ので、注意できれば・・・無理か!?(笑)

 ・旅友との再会

  旅に出たことによって、日本中に友人ができているはず。
  そんなわけで、どこを訪れても懐かしい再会がある可能性が高い。

  特に関東(関西も?)に住んでいると、地方に住む旅人が用事があって、訪れてくる際に再会できること
  が多い。
  毎週のように、飲みのお誘いなどもあり、旅中とは違った出会いや再会に恵まれる。旅人が集まって
  飲んだりする機会もあり、とても楽しいが出費もバカにならない・・・(笑)。


 ↑クリック!!

 ・旅後の徒然、旅で感じたことの「まとめ」など。

up↑


   世界各地のホテル27,400件が割引価格で・・・(最大75%)    
   「安宿ばかりよりも、ちょっと良いホテルに泊まりたい。」
   「1泊目は不安なので予約しておきたい。」
  そんな方にオススメのホテル予約サイト。

 
South America Africa Asia Central America and Caribbean Europe Middle East North America Pacific Ocean & Australia