世界ぷらぷらロゴトップ

アルゼンチン

1.VISA

90日以内の滞在なら不要

※建前として、 出国用の空港券やバスチケットなどの提示が必要。イミグレーションで、提示を求められることはほぼないようだが、飛行機搭乗時にもめることがある。片道航空券での入国の場合には、搭乗拒否があり得るので、万全を期すなら出国用のバスチケットか航空券(AA航空 モンテビデオ行が安い)を購入した方が良い。

2.国境越え

(入国)
空路で入国する場合には、チェックはほぼなし。
陸路で入国する場合には、チェックはほぼなし。パタゴニアは植物検査あり。

(出国)
陸路で出国する場合には、チェックはほぼなし。

3.全般

 南米全体として、ワンワールド利用の世界一周組が多いのが特徴。
 日本人宿がブエノスアイレス、カラファテ、ウシュアイアにあり、訪れれば情報収集が出来る。

 「歩き方」「ロンリープラネット」など何でも旅行が容易。
 旅行者も多く、旅行インフラが整っている。
 バス移動も快適。長距離移動時には、LADE航空やLAN航空も利用価値が高い。

4.見所

パタゴニア、(ほぼ)世界最南の町ウシュアイア、南極クルーズ、イグアスの滝、サルタ、メンドーサ(ワイン)など。

up↑

ウルグアイ

1.VISA

90日以内の滞在なら不要

2.国境越え

(入国)
海路で入国する場合には、チェックはほぼなし。

(出国)
海路で出国する場合には、チェックはほぼなし。

3.全般

物価が高い。
世界遺産コロニアをアルゼンチンから見に行く旅行者が多い。

「何も無いのを確認しに行く」という旅行者もいるほど。

4.見所

サクラメント・デル・コロニアの旧市街など。

up↑

パラグアイ

1.VISA

90日以内の滞在なら不要

2.国境越え

(入国)
陸路で入国する場合には、チェックはほぼなし。

(出国)
陸路で出国する場合には、チェックはほぼなし。

3.全般

 南米全体として、ワンワールド利用の世界一周組が多いのが特徴。
 日本人宿がアスンシオン、イグアス市にあり、訪れれば情報収集が出来る。

 「歩き方」「ロンリープラネット」など何でも旅行が容易。
 イグアス市のペンション・ソノダは快適。

4.見所

イタイプー・ダム、トリニダー遺跡、日本人居住区など。

up↑

ブラジル

1.VISA

イグアス1日観光 or アルゼンチン→パラグアイ通過 or パラグアイ→アルゼンチン通過 以外は必要。

日数は取得場所により異なる。

30日マルチ:プエルト・イグアス 即日発給 写真1枚 書類1枚 180ペソ。
90日マルチ:エンカルナシオン 即日発給 写真1枚 書類1枚 300,000グアラニー。
90日マルチ:プエルト・スアレス 即日発給 写真1枚 書類1枚 ?。

※シウダー・デル・エステや、ブエノスアイレスでの取得は難しい。(2008/02現在)

2.国境越え

(入国)
陸路で入国する場合には、チェックはほぼなし。
ボリビアからコルンバに 入国する場合には、チェックは全くなし(チェックする場所がない!!)。

(出国)
陸路で出国する場合には、チェックはほぼなし。

2008/6現在 マナウス発ベネズエラ行きのバス・チケット購入時に、黄熱病のイエローカード提示が必要。ボア・ビスタ発ベネズエラ行きのバス・チケット購入時も同様らしい。マナウスでの黄熱病予防接種は港にて無料で。さらに摂取証明書を受け取るには、空港のターミナル1の地下1階にある Sala De ANVISA に行かないとならない。→2008年にブラジルでは黄熱病とデング熱が流行したためと思われる。

3.全般

 南米全体として、ワンワールド利用の世界一周組が多いのが特徴。

 「歩き方」「ロンリープラネット」など何でも旅行が容易。
 バス移動も快適(だが高すぎ!!)。長距離移動時には、GOL航空やTAM航空も利用価値が高い。

4.見所

イグアスの滝、白砂漠(サンルイス近くのレンソイス国立公園)、アマゾン川、リオ・デ・ジャネイロ(ビーチ&キリスト像)、パンタナール(ボニートが人気あり)、レンソイス(チャパダ・ディアマンティーナ国立公園、日本人は少ない)、サンパウロなど。時間があれば、北東部のビーチもお勧め。

up↑

チリ

1.VISA

90日以内の滞在なら不要

2.国境越え

(入国)
入国する場合には、検疫が厳しい。
植物(野菜、種子など)から、動物製品(肉など)など、X線や手での確認などがある。
イースター島から本土に戻って来る場合にもチェックはある。

(出国)
陸路で出国する場合には、チェックはほぼなし。

3.全般

 南米全体として、ワンワールド利用の世界一周組が多いのが特徴。

 「歩き方」「ロンリープラネット」など何でも旅行が容易。
 バス移動も快適(ただし、セミカマより上のクラスはアルゼンチン、ブラジルより高い)。

4.見所

パタゴニア、イースター島、豊富な魚介類を堪能、アンデス山脈など。

up↑

ボリビア

1.VISA

30日以内の滞在なら不要

2.国境越え

(入国)
陸路で入国 る場合には、チェックはほぼなし。

(出国)
陸路で出国 る場合には、チェックはほぼなし。
ブラジルに電車で向かう場合には、車内でチェックがあった(ボリビア人のみ対象?)。

3.全般

 南米全体として、ワンワールド利用の世界一周組が多いのが特徴。

 「歩き方」「ロンリープラネット」など何でも旅行が容易。
 物価は安いが質も悪いかも。
 ご飯は安くておいしい。屋台も評判が良い。
 ラパスをはじめとして、中華料理、日本料理など安くておいしいものが食べられるので、旅行者には評判が良い。

 バスも比較的安く快適なクラスに乗車できる(メインの路線のみ)。

4.見所

ウユニ塩湖、アンデス山脈、鉱山、ジャングル、歴史ある高地の町、インドヘナ文化など。

up↑

ペルー

1.VISA

90日以内の滞在なら不要

2.国境越え

(入国)
陸路で入国 る場合には、チェックはほぼなし。

(出国)
陸路で出国 る場合には、チェックはほぼなし。

3.全般

 南米全体として、ワンワールド利用の世界一周組が多いのが特徴。

 「歩き方」「ロンリープラネット」など何でも旅行が容易。
 物価は安い(ボリビアよりは高い)。
 ボリビアと同様にご飯は安くておいしい。屋台も評判が良い。

 バスも比較的安く快適なクラスに乗車できる。

4.見所

なんと言ってもマチュピチュ!! クスコ、リマ、アレキパ(コンドルのいる渓谷)、チチカカ湖など。

up↑

ベネズエラ

1.VISA

90日以内の滞在なら不要

※数年前まで、大使館や領事館でもらえるツーリスト・カードなるものが必要だった らしいが、もちろん今は不要。

※黄熱病のイエローカード提示が必要。2008/6現在。

2.国境越え

(入国)
陸路で入国する場合には、チェックはほぼなし。ただし、黒人などはチェックされていた。

(出国)
陸路で出国する場合には、チェックはほぼなし。ただし、出国税46Bがあるので要注意(2008/7現在の値段)。

3.全般

 全般に旅行者は少ない。

 「歩き方」はあまり役に立たないので、「ロンリープラネット」をチェックした方が良い。
 闇両替があるので、利用すると多少は安くなるが、それでも質の割には高い感が否めない。

 バスは比較的安く快適に乗車できる。
 都市部は治安が悪いので要注意。

4.見所

ロライマ山、エンジェル・フォールなど、ギアナ高地周辺は見所満載。他に島などもある。

up↑

コロンビア

1.VISA

90日以内の滞在なら不要

※滞在日数を聞かれた。60日以内の場合には、出国税が少なくなる。

2.国境越え

(入国)
陸路で入国する場合には、チェックはほぼなし。

(出国)
空路で出国する場合には、イミグレではなく飛行機のチェックイン時に細かく調べられた人がいた。

パナマに出国する場合には、パナマ入国用のツーリストカードに5USD徴収される。


3.全般

 全般に旅行者は少ない。

 「歩き方」は役に立たない。「ロンリープラネット」などがあったほうが良い。

 バスは比較的安く快適に乗車できる。
 都市部や一部山間部は治安が悪いので要注意。事前にチェックしたほうが良い。

4.見所

カルタヘナの町並み、サン・アグスティン、シウダー・ペルディダ遺跡、ボゴダなど。

up↑