世界ぷらぷらロゴトップ

インド

1.VISA ・・・詳細は「旅の移動」にて。

必要(6ヶ月)。
空港・国境などで取得できない。

2.国境越え

(入国)
ネパールから入国する場合は、チェックはほぼなし。

(出国)
パキスタンへ出国する場合には、チェックはほぼなし。
※チェックがあることもあるらしい。

3.全般

安宿も多く、安価に快適に旅を楽しめる。近年VISA代が日本人だけ安くなり、ありがたい。
とにかく物価が安いのと、混沌とした世界で日本との差が激しい。

ここ5年ほどで大きく旅行がしやすく変わっている。MRPなども導入され、一部で定価のようなものが定着して来ているのは旅行者にはラクチン。(以前は水を買うのすらも交渉がひつようだったので)
旅行者がとても多く、時期によっては韓国人が日本人よりも多いくらいなのも特徴の1つ。

個人的には南部のご飯はおいしい。

コルカタに行ったらまずはサダル・ストリート、デリーに行ったらまずはパハールガンジに行く旅行者が多い。
そこに行けば日本人もたくさんいて、情報が集まる。

「ロンリープラネット(日本語版でもOK)」があれば、問題なく旅が出来る。
「地球の歩き方」があれば、そこそこ問題なく旅が出来る。

4.見所

とにかく見所が多い。旅行者が多いのは、コルカタ−デリー間のガンジス川沿い。そして、ラージャスターン州。
世界遺産も多く、インドを1回で見て回ることはほぼ不可能。
アーグラのタージマハルとヴァラナシだけは、見逃せない。

ダライ・ラマのいるダラムサラや、北部にはチベット仏教が残っている。

ゴアやマナリは、ある種の旅行者には特に有名。

up↑

ネパール

1.VISA

必要(15日、1ヶ月)。
一般的には空港・港で取得可能。

2.国境越え

(入国)
中国から入国する場合は、チェックはほぼなし。

(出国)
インドへ出国する場合は、チェックはほぼなし。

3.全般

安宿も多く、安価に旅を楽しめる。
公共交通が未整備な地域もあり、地方に行くと苦労をすることも多い。

ご飯は割とおいしい。
日本食や韓国料理も比較的安価で、質が高いものhが食べられることでも有名。沈没旅行者も多い。

カトマンドゥに行ったら、タメル地区に行く旅行者が多い。
そこに行けば日本人もたくさんいて、情報が集まる。

「地球の歩き方」もしくは「旅行人ノート(チベット)」があれば、問題なく旅が出来る。
もちろん「ロンリープラネット」でもOK。

4.見所

首都カトマンドゥだけでも、旧市街の散策で満足できる。ブッダアイのある寺院などはかなり有名。
ポカラ近辺、エベレストBCを目指すトレッキングも有名。

マオイストの活躍もあり、旅行ができなくなったり頻繁にあるので注意。

up↑

パキスタン

1.VISA ・・・詳細は「旅の移動」にて。

必要(1ヶ月、2ヶ月)
近隣諸国のみで取得可能(流動的なので要注意)。

2.国境越え

(入国)
インドから入国する場合は、チェックはほぼなし。
※チェックされる場合もあるので注意要。

(出国)
トルコへ出国する場合は、チェックはほぼなし。
※チェックされる場合もあるので注意要。

3.全般

安宿も多く、安価に旅を楽しめる。
公共交通の質が悪い地域もあり、地方に行くと苦労をすることも多い。

ご飯がおいしくない。

「地球の歩き方」もしくは「旅行人ノート(アジア横断)」があれば、問題なく旅が出来る。
もちろん「ロンリープラネット」でもOK。

4.見所

北部フンザを目指す旅行者が多い。
ラーワルピンディやラホールなどの都市は刺激はあるが、面白みは少ない。

モヘンジョダロなどの遺跡は見所、ラホールでのスーフィー見物も見所の1つ。

up↑