世界ぷらぷらロゴトップ

パナマ

1.VISA : 必要(ツーリストカード)

 記載する書類は2枚。
 ツーリストカードが必要(5USD)。空港か大使館・領事館などで取得。
 写真は不要。

 出国時にシール代、1USD必要。

2.国境越え

(入国)
コロンビア出国時にパナマ入国用のツーリストカードに、5USD徴収された。
空路で入国する場合には、チェックはほぼなし。

(出国)
陸路で出国する場合には、チェックはほぼなし。

 イミグレに感じの悪い係官がいる。パスポートを提示しているのに「チーノ」「チーノ」とうるさい。
  日本人だと言っても、最後まで「チーノ」と言っていた。
 それは、まだ馬鹿な担当者がいるということで良いのだが、スタンプを査証欄以外に押そうとする。
  →ページのない人にはありがたい??。

3.全般

 全般に旅行者は少ない。南米から北米へ、北米から南米に旅をする人が通過する程度。

 「歩き方」より「ロンリープラネット」の方が良い。
 バス移動は南米に比べるとずっと質が落ちる。
 近代的なショッピングモールがあるかと思うと、町は鄙びていて、アンバランスな感がある。

4.見所

パナマシティ、パナマ運河など。

up↑

コスタリカ

1.VISA : 不要

 記載する書類は2枚。
 写真は不要。

2.国境越え

(入国)
陸路で入国する場合には、チェックはほぼなし。

(出国)
陸路で出国する場合には、チェックはほぼなし。

3.全般

 全般に旅行者は少ない。南米から北米へ、北米から南米に旅をする人が通過する程度。

 「歩き方」より「ロンリープラネット」の方が良い。
 バス移動は南米に比べるとずっと質が落ちる。
 中華料理店が多く、質が高い!!オススメ。
 
4.見所

エコ・ツーリズム(国立公園)など。

up↑

ニカラグア

1.VISA : 不要

 記載する書類は3枚(コスタリカ出国と共通など)。
 写真は不要。
 8USD。・・・手数料と思われる。バス会社のスタッフに徴収された。

2.国境越え

(入国)
陸路で入国する場合には、形式的なチェックのみ。

(出国)
陸路で出国する場合には、チェックはほぼなし。

3.全般

 全般に旅行者は少ない。南米から北米へ、北米から南米に旅をする人が通過する程度。

 「歩き方」より「ロンリープラネット」の方が良い。
 バス移動は南米に比べるとずっと質が落ちる。
 中華料理店が多く、質が高い!!オススメ。
 
4.見所

 レオン、グラナダの2大古都など。

up↑

ホンジュラス

1.VISA : 不要

 記載する書類はなし。
 写真は不要。
 6USD。・・・手数料と思われる。バス会社のスタッフに徴収された。


2.国境越え

(入国)
 その後に形式的な荷物チェックがある。

(出国)
 荷物チェックはなし。

3.全般

 全般に旅行者は少ない。南米から北米へ、北米から南米に旅をする人が通過する程度。

 「歩き方」より「ロンリープラネット」の方が良い。
 バス移動は南米に比べるとずっと質が落ちる。
 中華料理店が多く、質が高い!!オススメ。
 中米の中では割と安全という噂。
 
4.見所

 古代マヤ遺跡、カリブ海リゾートなど。

up↑

エルサルバドル

1.VISA : 不要

 記載する書類はなし。
 写真は不要。

2.国境越え

(入出国)
 荷物のチェック、スタンプはなし。

3.全般

 全般に旅行者は少ない。南米から北米へ、北米から南米に旅をする人が通過する程度。

 「歩き方」より「ロンリープラネット」の方が良い。
 バス移動は南米に比べるとずっと質が落ちる。
 中華料理店が多く、質が高い!!オススメ。
 
4.見所

 古代遺跡(ホヤ・デ・セレン、サン・アンドレス、タスマル)など。

up↑

グアテマラ

1.VISA : 不要

 記載する書類はなし。
 写真は不要。

2.国境越え

(入国)
 荷物のチェック、スタンプはなし。

(出国)
 ベリーズへの出国では10Qを払いスタンプを押してもらう。荷物のチェックは全くなし。

3.全般

 中米の中で最も日本人旅行者が多い。スペイン語を勉強する人が多いので、長期滞在が多いのが特徴。
 ※正直、多くの南下旅行者がが良いというので期待していたが、それほど面白くなかった。

 「歩き方」「ロンリープラネット」どちらでも旅行には問題ない。
 バス移動は南米に比べるとずっと質が落ちる。
 日本料理店が多く、割と質が高い。
 
4.見所

 コロニアル都市、民族衣装、各地方の市場など。

up↑

ベリーズ

1.VISA : 必要

 記載する書類は1枚。
 写真は必要。
 USD50。

2.国境越え

(入国)
 陸路での入国は、簡単にスタンプを押してもらうだけ。荷物のチェックは全くなし。
 ※ビザを持っていなければ、50USDを支払いビザを取得する。5分程度の簡単な手続き。

(出国)
 陸路での出国は、簡単にスタンプを押してもらうだけ。荷物のチェックは全くなし。
 出国税30BZ$を払う。出国ポイントにより、37.5BZ$の場所もあるらしい。

3.全般

 全般に旅行者は少ない。ダイビングが好きな旅行者や、物好きな(?)旅行者だけ。

 「歩き方」「ロンリープラネット」どちらでも旅行には問題ない。
 バス移動は南米に比べるとずっと質が落ちる。
 中華料理店が多く、質が高い!!オススメ。
 
4.見所

 キー・カーカー、サン・ペドロなど海が見所。

up↑

メキシコ

1.VISA : 不要

 記載する書類は1枚。
 写真は不要。

2.国境越え

(入国)
 陸路での入国は、簡単にスタンプを押してもらうだけ。荷物のチェックは全くなし。

(出国)
 空路での出国は、簡単にスタンプを押してもらうだけ。荷物のチェックは通常の空港と同じ。

 陸路入国→出国イミグレ手数料240Pを払う。

 空路入国→出国イミグレ手数料なし。


3.全般

 旅行者はとても多く、旅行インフラは整っている。
 海のアクティビティや遺跡、旧市街など、みどころは揃っている。

 「歩き方」「ロンリープラネット」どちらでも旅行には問題ない。
 バス移動は南米に比べるとずっと質が落ちる。車体は新しいが、機能がダメ。
 比較的物価が高く、中米に移動すると安く感じるはず。
 
4.見所

 たくさんの遺跡、カンクンをはじめとしたビーチなど見所満載。

up↑

キューバ

1.VISA :

 3日未満 不要

 記載する書類は1枚。
 写真は不要。

 3日以上 必要(ツーリストカード)


2.国境越え

(入国)
 空路での入国は、ちゃんとした荷物のチェックあり。

(出国)
 空路での出国は、通常の空港でのチェックと同じ。
 出国税25Cucを払う。

 ※臨時便だったためだと思うが、手続きがズサン。(クバーナ航空とジャマイカ航空のコード・シェア便)
  1. DEPARTUREの一覧に表示されていなかった。
  2.インフォメーションは「今日はキングストン行きはありません。」と言い切った。
  3.イミグレも、便の存在を知らず、10分ほど待たされた。
  →情報管理は一体どうなっているのか不思議。

3.全般

 旅行者はとても多く、旅行インフラは整っている。
 ATMが少ないので両替が不便。アメリカ・ドルの両替レートは悪いので、事前にユーロ、カナダ・ドルを準備していくと良い。

 「歩き方」は使えない。
 「ロンリープラネット」が良い。
 外国人料金・外国人用紙幣がいまだにあり、20年前の中国のよう。

 庶民の食べる食べ物は、安いがまずい。それなりの質を得ようとすると、外国人料金となりかなり高い。
 
4.見所

 ハバナ旧市街(博物館、チェ・ゲバラの家など)。ビーチ・・・。

up↑

ジャマイカ

1.VISA : 不要

 記載する書類は1枚。
 写真は不要。

2.国境越え

(入国)
 空路での入国では、イミグレーションにて出国チケットの提示を要求された(カンクンまで帰るチケットだけでなく、
 その先も見ようとしていた)。
 荷物チェックはなし。空路での入国は、ちゃんとした荷物のチェックあり。

(出国)
 空路での出国は、通常の空港でのチェックと同じ。なぜか、メキシコ以降の飛行機のチケットの提示を要求された。

※私の場合は、メキシコ→アメリカ→タイ→日本 とチケットを持っていたので問題なくチケットの提示ができた。
 ただし、チケットを持っていない旅行者もたくさんジャマイカを訪問している。正直に旅の予定を説明すれば問
  題ないと思う。


3.全般

 旅行者はキングストンには少ない。島が小さいので移動はらく。
 キングストン空港にはATMが1台だけ。しかも故障中(2008/7)。両替が不便。市中に行けばATMはそれなりにある。
 アメリカ・ドルなども持っているほうが安心。

 「歩き方」は使えない。
 「ロンリープラネット」が良い。

 まるでアメリカの黒人が多い地区のようなイメージ。
 
4.見所

 モンテゴ・ベイ、ボブ・マーリー博物館、ラスタの集会、レゲエ(クラブ、バーなど)・・・。

up↑

アメリカ

1.VISA : 不要

 記載する書類は2枚(税関1枚、イミグレ1枚←緑色の紙)。
  →2009年以降、査証なし入国の場合には、オーストラリアのように事前登録が必要との発表あり。
  →米国へのビザなし渡航の際、電子認証システム「ESTA(エスタ)」インターネットで事前認証が必要。2009/1/12より。
写真は不要。

2.国境越え

(入国)
 空路での入国では、イミグレーションにて出国チケットの提示を要求された。
 普通の荷物チェックがあり(状況によっては厳しいらしいが、私はノーチェックだった)。

(出国)
 空路でのアメリカ出国は、ボーディング・エリアに入る際の手荷物チェックで、靴を脱いでX線に通さなくてはならない。
 機内預け荷物も、自分でX線の場所に持って行って預ける。・・・乗客にとっては、チェックインのために2度並ぶ必要があり無駄。

3.全般

 旅行者はとても多い。旅行インフラは整っているのでとても便利だが、出費を覚悟しなくてはならない。

 「歩き方」「ロンリープラネット」どちらでも旅行には問題ない。

 バスの質は他の先進国同様に悪い。電車の代わりに飛行機のネットワークは整っている。
 
4.見所

 見所は多い。
 アメリカ固有の文化を見るのが良い。

 ただし、歴史がないのに「歴史地区」等と書いてあるのは「???」。
 自然は、世界一などはほとんどないが、いろいろ揃っている。

up↑