世界ぷらぷらロゴトップ

    
旅情報トップ > 旅*概略 > 旅*ホテル > 旅*移動 > 旅*お金 > 旅*ネット > ぐれねこMAP > 旅*片付

東・東南アジアのネットワーク環境比較!

◆店舗の多さ・・・・5.だいたいのエリアにもある 4.都市付近には多い 3.都市付近にはあるけど田舎付近は少ない 2.少ない 1.ほとんどない
◆OS     ・・・・多いOSの種類
◆日本語IME・・・・○読み書き可能が多い △読みだけが多い ×インストールされているのが少ない
◆セキュリティ・・・・○ソフトがインストールされている △信用度少ない ×あやしい
◆FDD、CD、USB・・・○だいたい使える △使えないこともある ×使えない

国名
料金
料金(円換算)
店舗の多さ
OS
日本語IME
セキュリティ
速度
FDD
CD
USB
40-60B/1時間
\110-160/1時間
5
2000-XP
ADSL
( 64k-512k)
2-4RM/1時間
\55-110/1時間
4
win98-XP
ADSL
( 64k-512k)
4-6S$/1時間
\255-380/1時間
3
ADSL
(速度不明)
1-3B$/1時間
\65-190/1時間
3
ADSL
(速度不明)
5,000-
30,000RP/1時間
\60-355/1時間
3
win96-XP
×
電話,ADSL
(-256k)
ラオス
6,000-
60,000KP/1時間
\65-640/1時間
3
2000-XP
×
電話,ADSL
(-256k)
カンボジア
0.5-
1.0US$/1時間
\55-110/1時間
3
2000-XP
×
電話,ADSL
(-512k)
ベトナム
3,000-
18,000DN/1時間
\25-125/1時間
5
win98-XP
ADSL
(-512k)
香港
10-
15HK$/1時間
\145-215/1時間
3
XP
ADSL
(速度不明)
中国 1.5-10元/1時間 \20-150/1時間
2
win98-XP
×
×
ADSL
(速度不明)

タイ

基本的に便利。タイに関わらずだけど、ウィルスセキュリティがされていないネットカフェもあるので注意。私たちも一度USBを繋いで感染した。(その後、自分のPCでウィルス駆除したので問題はなかった。)
パンガン島のネット代はべらぼうに高い。旅行者の街だけありネットカフェの料金は2B/1分と一般の町の2倍もする。衛星を使ってのADSLが多いので条件は良い。しっかりとしたネットカフェならだいたいXPを使っている。

マレーシア

ペナンのフードコートでホットスポットを自由に使える。また、チェーン店の「Sugar bun」など、テレコム・マレーシアのカードを買うことにより使えるようだ。
速度はタイとあまり変わらず、充分に速い。欧米人系旅行者がさほど多くないマレーシアなので、ネットカフェは決して多くはない。
電話会社のカードを買えば、街でワイアレスでネットにアクセス可能。

シンガポール

友人宅でずっと無線LANを使っていたので詳細不明。
高級そうな住宅地に行くと、セキュリティのかかっていないワイアレスLANで無料アクセス可能。

ブルネイ

ホットスポットでずっと無線LANを使っていたので詳細不明。
ピザハットやカフェなどにホットスポットがある。速くはないが、ワイアレスLANで無料アクセス可能。

インドネシア

カリマンタン、スラヴェシ、パプアなどのエリアではほとんどネットカフェが見たらない。期待しないのが無難。バリ島やジャワ島へ行けば便利だが、それでもタイなどに比べると遅い、高いといったイメージ。
スラヴェシのマカッサルでホットスポットがあったが、ネットカフェに併設されているもので有料。かつ、スタッフにより技術面に劣等があって設定すらしてもらえないこともある。
バリ島はネットカフェがたくさんあるが、回線が込み合って遅いし、FTPが使えないカフェが多い。オススメのカフェは「Bali3000」。電話回線で営業しているところや、ADSLでも1回線に大量のPCが接続されている。ADSLの場合は、128〜256kが多い。

ラオス

ネットカフェの回線速度は、FTPに際しても特に違和感を感じない程度には速い。CDやFDは使用できるがセキュリティ対策がなされていない店舗が多いようで問題がある。ネットカフェ自体は旅行者が行くような主な町にはある。ドンデットのネットカフェはめちゃくちゃに高かった。

カンボジア

店により速度に大きな違いがある。遅い店ではメールを見るだけでも苦労してしまう。そういった店では、FTPでサイトの更新などできない。CDやFDは使用できるが、セキュリティ対策がなされていない店舗が多いようで問題がある。プノンペンのフラミンゴホテルでは、宿泊者には有線LANを無料で借してくれる。スピードはかなり遅い。

ベトナム

多くの店舗では、メールチェックには問題ない回線速度がある。ただし、遅い店ではメールを見るだけでも苦労してしまう。
CDやFDは使用できるが、セキュリティ対策がなされていない店舗が多いようで問題がある。
また、PCでの日本語利用の普及率が他の国と比べて低いようだ。
ゲームやチャットをしている。ネットカフェというよりはゲーム屋さん。

香港

回線速度は、とても速い。図書館で誰でも無料で利用することも可能(ただし、要予約)。
セキュリティ対策もされているようで、安心して利用できる。ネットカフェの数は多くないが、不便はない。

中国

旅行者が特に多い地域以外では、余りネットカフェを見かけない。宿によっては、無料でインターネットを利用させてくれるところもある。
回線速度は、お店によってかなり異なる。検閲の為に、中国からはアクセスできないサイトが多い(手作業で検閲しているらしい)。
電話会社のカードを買えば、街でワイアレスでネットにアクセス可能。
とにかく中国人がゲームをしている。ネットカフェというよりはゲーム屋さん。外国人を受け付けないような店も多い。