世界ぷらぷらロゴトップ

コロンビア − パナマ (国境越え)

査証(VISA): 不要。

 記載する書類は2枚。
 ツーリストカードが必要(5USD)。空港か大使館・領事館などで取得。
 写真は不要。

状況
コロンビア出国は、イミグレではなく飛行機のチェックイン時に細かく調べられた人がいた。
 パナマ入国用のツーリストカードに、5USD徴収された。
 パナマへの片道航空券での入国に関しては特に言われなかったが、パナマ入国後しばらくの予定を聞かれた。
  →「陸路でロサンゼルスまで北上し、日本に帰る予定だ」と答えた。
パナマ入国は、全くチェックなし。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1 カルタヘナ ー パナマ・シティ 1.3h 270 前々日にネットにて購入した。AIRES  S.A. (飛行機)を利用。9:05発。
★★★
 
     

飛行機で直行する以外のルートとしては、下記もある。
Cartagena→Mouteria/ bus 5h→Turbo/ bus 8h→ →Capurgana/ bout 3h →Puerto Obaldia/ bout 1h →Panama city/air 1h

値段: USドル$単位(1=109円)
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)



up↑

パナマ − コスタリカ (国境越え)

査証(VISA): 不要。

 記載する書類は2枚。
 写真は不要。
 2008/7現在 ブラジルなど、黄熱病流行地域にりょこうしていた場合には、イエローカードの提示が必要。

状況

 陸路でのパナマ出国は、特にチェックなし。

 パナマ出国用のシールに、1USD徴収された。

 イミグレに感じの悪い(アジア人に差別的)係官がいる。パスポートを提示しているのに「チーノ」「チーノ」とうるさい。
  日本人だと言っても、最後まで「チーノ」と言っていた。
 それは、そういう担当者がいるということで良いが、スタンプを査証欄以外に押そうとする(ページのない人にはありがたい??)ので注意。

 陸路でのコスタリカ入国は、形式的な荷物チェックあり。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1 パナマ・シティ ー サン・ホセ 17.5h 25 当日にバス・ターミナルの窓口にて購入した。22時発。横4列、フットレフトなし。PANALINE社を利用(特に選択の理由なし、値段はどこも同じ)。他に2社あり(TICA社は混んでいて買えなかった。EXPRESSO社は、後で見たところ、バスが1番きれいなようだった)。 ※国境では、コスタリカ側でとても待たされる(私たちは2時間半)。
南米のバスに比べると、(リクライニング幅、座席間の幅、細かい故障の多さなど)質が格段に落ちる。
コスタリカ国内で、食事休憩語に荷物チェックあり。
車窓からはジャングルがずっと見えていた。
※PANALINE社の職員も一部感じ悪い。
★★★
 
     


値段: USドル$単位(1=110円)
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)




up↑

コスタリカ − ニカラグア (国境越え)

査証(VISA): 不要。

 記載する書類は3枚(コスタリカ出国、ニカラグア入国の共通書類など)。
 写真は不要。
 8USD。・・・手数料と思われる。バス会社のスタッフに徴収された。


状況

 コスタリカ出国は特にチェックなし。
 スタンプを押した後に、King Quality 社のスタッフがパスポートを回収し、ニカラグア入国手続きをしてきてくれた。
 その後に形式的な荷物チェックがある。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1 サン・ホセ →サン・サルバドル 21.0h 67

KING QUALITY社のバスを利用。当日に窓口でグアテマラまでのチケットを購入した。サン・サルバドルで乗換あり。03:00発。横4列、フットレフトなし。
バスの座席は、右側後部が前後間のピッチが圧倒的に広い(29, 30, 33, 34, 37, 38, 41,42)ので、オススメ。食事&飲料付(サンドウィッチ+飲み物)が朝昼晩。
景色はどこの国もそうは変わらない。 ジャングルのような景色がずっと続く。
ニカラグアに入ると、すぐに右側に湖が見え、その中には山のような島が見える。ニカラグアの首都マナグアはとても小さく、数分で牧歌的な風景が見えるようになった。また建物が点在していたりはするが、町はほとんどない。
ホンジュラスも同様に ひたすらジャングルが続くが、山がちな風景できれいな場所も多い。
途中、ホンジュラスの首都に向かう乗客は、別のバスに乗り換えとなり、車内は急にガラガラになった。エルサルバドルに入ると、比較的市街地が多く、道路わきには家屋が続くようになる。そして、軽く山がちな地域を越えると、閑静な感じのサン・サルバドルに到着する。

(時間経過)
・サン・ホセ → ニカラグア入国 約5時間
・ニカラグア入国→マナグア 約4時間半
・マナグア 約30分
・マナグア→ホンジュラス入国 約4時間半
・ホンジュラス入国→エルサルバドル入国 約3時間半
・エルサルバドル入国→サン・サルバドル 約3時間

・サン・サルバドル乗換(1泊)
・サン・サルバドル→グアテマラ入国 約2時間半
・グアテマラ入国→グアテマラ・シティ 約
★★★★

 
     

マナグア行 TRANSNICA社(普通21USD 3便/日 早朝、EJECTIVO31.5USD 1便/日 12時発)。ホンジュラス行直行便(45USD、04:00発)。
マナグア行 TICA社(22USD)、エルサルバドル行、グアテマラ行あり。
※ 各社毎に値段が異なる。

値段: USドル$単位(1=110円)
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)




up↑

ニカラグア − ホンジュラス (国境越え)

査証(VISA): 不要。

 記載する書類はなし。
 写真は不要。
 6USD。・・・手数料と思われる。バス会社のスタッフに徴収された。

状況

 ニカラグア出国とホンジュラス入国は同じ場所で行われる。
 King Quality 社のスタッフがパスポートを回収し、ホンジュラス入国手続きをしてくれるがスタンプはなし。
 その後に形式的な荷物チェックがある。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1

サン・ホセから直通で通過

コスタリカ→ニカラグア→ホンジュラス→エルサルバドル→グアテマラの国際バスチケットを購入した。
詳細はこちら。
 
     


値段: USドル$単位(1=110円)
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)




up↑

ホンジュラス − エル・サルバドル (国境越え)

査証(VISA): 不要。

 記載する書類はなし。
 写真は不要。

状況

 ホンジュラス出国とエルサルバドル入国は同じ場所で行われる。
 まず、ホンジュラスの係官がバスに入ってきてパスポートのチェックを行う。
 次に、 エルサルバドルの係官がバスに入ってきてパスポートのチェックを行う。
 荷物のチェック、スタンプはなし。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1 サン・ホセから直通で通過 コスタリカ→ニカラグア→ホンジュラス→エルサルバドル→グアテマラの国際バスチケットを購入した。
詳細はこちら。
 
     


値段: USドル$単位(1=110円)
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)




up↑

エル・サルバドル − グアテマラ (国境越え)

査証(VISA): 不要。

 記載する書類はなし。
 写真は不要。

状況

 エルサルバドル出国とグアテマラ入国は同じ場所で行われる。
 まず、エルサルバドルの係官がバスに入ってきてパスポートのチェックを行う。
 次に、 バス会社のスタッフがバスに入ってきてパスポートを回収し、手続きをしてきてくれる。
 荷物のチェック、スタンプはなし。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1 サン・サルバドル ー グアテマラ・シティ 5.0h コスタリカ→ニカラグア→ホンジュラス→エルサルバドル→グアテマラの国際バスチケットを購入した。

King Quality社のバスを利用。朝7時発。横4列。フットレフトあり。かなり快適で、アルゼンチンのセミカマに匹敵(座席は革張り、座席の前後間ピッチは広い。座席は36席のみ)。
車窓は、緑の多い起伏のある風景が続くが、山道というほどではない。ジャングルというほどでもなく、ホッとさせられるような景色。
バスターミナルからセントロまでは、バスで 1.1Q で移動した。
詳細はこちら。
★★★★
 
     


値段: USドル$単位(1=110円)
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)


up↑

グアテマラ



(グアテマラ国内での主な移動)  ・・・写真付きガイドは準備中。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1 グアテマラ・シティ
ー シエラ(ケツァルテナンゴ)
4.2h 60 バスターミナルにて、直前に購入。14時発。横4列の普通のバス。多少リクライニングもするので、数時間の移動には十分。山がちで、でこぼこの道を進む。車窓からは、きれいな緑の畑の風景が見えた。
バスターミナルから市内へは、歩いていった。雨だったので多少遠く感じたが、特に問題なし。
★★★
2 シエラ(ケツァルテナンゴ) ー パナハッチェル 2.4h 25 バスターミナルにて、直前に購入。横4席が前提だが、混んでくれば、横6人になる。もちろんフットレストなし。バスの出発待ちで、2時間近くかかった。移動時関だけでなく、待ち時間も考えておく必要がある。
★★★
3 パナハッチェル ー チマルテナンゴ h2.7 25 バスの車内にて支払い。横4席が前提だが、混んでくれば、横6人になる。もちろんフットレストなし。バスの出発待ちで、1時間弱かかった。移動時関だけでなく、待ち時間も考えておく必要がある。
★★★
4 チマルテナンゴ ー アンティグア h0.5 5.5 バスの車内にて支払い。横4席が前提だが、混んでくれば、横6人になる。もちろんフットレストなし。短い時間なので、特に狭さも気になることもない。
★★★
5 アンティグア ー グアテマラ・シティ 1.5h 45 18:30に宿発。ペンション田代にて購入。時間より少し遅れてやってきた。目的地まで連れて行ってくれるので便利。乗ってみて思ったのは、自分でチキンバスで行ってもそうは変わらないということ。
★★★
6 グアテマラ・シティ
ー フローレス(サンタ・エレナ)
8.2h 160 Fuente del Norte社。1st class。22:30発。横4列、フットレストなし。かなりリクライニングするので、結構快適だった。窓側はエアコンが少し効きすぎなので、対策が必要。朝6時半過ぎに到着し、歩いてサンタエレナの町まで。そのまま、ティカル遺跡の観光が十分に可能。
★★★★
7 フローレス(サンタ・エレナ)
− ティカル遺跡
− フローレス(サンタ・エレナ)
片道
1.5h
60 直前に旅行代理店にて購入。普通のミニバスに、旅行者を詰め込んで走る。ティカル遺跡はジャングルの中にあり、道はすぐに緑の中に入る。
入場料 150Q。
★★★
 
       
値段: ケツァルQ単位(1=約14.7円)
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

グアテマラ − ベリーズ (国境越え)

査証(VISA): 必要。

 記載する書類は1枚。
 写真は1枚。
 USD50。

状況

 グアテマラ出国は、10Qを払いスタンプを押してもらう。荷物のチェックは全くなし。
 ベリーズ入国は、国境でVISAを取得して、列に並ぶ。VISAの取得は5分程度。荷物のチェックは全くなし。

  両替商はたくさんいる。言い値で 4Q = 1BD。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1 フローレス(サンタ・エレナ)
ー メルチョル・デ・メンコス
2.1h 30 バスターミナルに行き、ミニバスに乗り込んで支払い(半分くらい走ってから)。人数が少なかったので、とても快適だったが、雨が降ってきて雨漏りがしたのが問題だった(笑)。 下車地点から、国境のイミグレまでは橋を渡ってすぐの場所にある。
★★★★
2 メルチョル・デ・メンコス
ー ベンケ・ビエホ・デル・カルメン
0.1h 2 TAXIを利用。言い値が高かったので、歩いて町に向かおうとしたところ拾われた。載ってみて分かったのは、荷物を持って歩くには少し遠いということ(無理ではないが)。
★★★
 
     


値段: ケツァルQ単位(1=約14.7円)。ベリーズ・ドルBD単位(1=約63円)
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)



up↑

ベリーズ

(ベリーズ国内での主な移動)  ・・・写真付きガイドは準備中。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1 ベンケ・ビエホ・デル・カルメン
ー ベリーズ・シティ
2.5h 8 車内にて支払い。サン・イグナシオでの乗換を考えていたが、ほとんどが直行便の模様。雨が降ると、窓の隙間から水が垂れてくるボロバスだったが、まぁ、問題はなし。座席は横4列。リクライニングはなし。無理に2人座席に3人目が座り込んでくることはなし(常識があって嬉しい)。
車窓は特に見るべきものもなく退屈。あまり町もない。
★★★
2 ベリーズ・シティ ー コロザル 3.2h 8 車内にて支払い。日中は45分に1本のバスがある。雨が降ると、窓の隙間から水が垂れてくるボロバスだったが、まぁ、問題はなし。座席は横4列。リクライニングはなし。無理に2人座席に3人目が座り込んでくることはなし(常識があって嬉しい)
車窓は特に見るべきものもなく退屈。
★★★
 
       
値段: ケツァルQ単位(1=約14.7円)
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

ベリーズ − メキシコ (国境越え)

査証(VISA): 不要。

 記載する書類は1枚。
 写真は不要。

状況

 ベリーズ出国は、30BDを払いスタンプを押してもらう。荷物のチェックは全くなし。※国境によっては、37.5Qらしい。
 メキシコ入国は、書類を書きスタンプを押してもらう。荷物のチェックは全くなし。

 メキシコ側国境と、メキシコのバスターミナルに、ATMがある。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1 コロザル ー 国境(ベリーズ) 0.3h 1.5 ベリーズ・シティ発、メキシコのチェトマル行バスに途中乗車。国境はわりとすぐ。国境では全員下車するが、出国税を払う人は私以外いなかった。
★★★
2 国境(ベリーズ)
ー 国境(メキシコ)
0.3h - 遠くなかったので歩いた。
バスやオートリクシャ(と言うかな?)も走っているので、乗ることもできる。
3 国境(メキシコ) ー チェトゥマル 0.3h 20 車内で支払い。ベリーズのバスはエアコンがなかったので、エアコンがあるバスに乗車した。正直高いと思うが、正規料金は不明。
※国境にはATMがあるので、メキシコ・ペソを準備した方が良い。
★★★
 
     


値段: ベリーズ・ドルBD単位(1=約63円)。メキシコP単位(1=約10円)。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)


up↑

メキシコ



(メキシコ国内での主な移動)  ・・・写真付きガイドは準備中。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1 チェトゥマル ー カンクン 5.3h 240 直前にバスターミナルでチケットを購入。30分に1本のバスがあるようだが、混んでいるようで2時間弱待つこととなった。1st class。横4列。リクライニングは気持ち程度。車体は新しい。
他にエコノミー・クラスもあり、177Pだった。途中であちこちよるので、時間がかかるらしい。
★★★
 
       
値段: メキシコP単位(1=約10円)
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

メキシコ − キューバ (国境越え)

査証(VISA): 

 3日以内 不要(トランジットとなる)。

 3日以上 必要。

 ツーリストカードの購入が必要となる。出発する空港や、キューバ大使館なので購入する。
 記載する書類は1枚。
 写真は不要。

状況

 空路でのメキシコ出国は、240メキシコ・ペソ( or 25USD )を払いスタンプを押してもらう。荷物のチェックは通常の空港と同じ。
 ※陸路でメキシコに入国の場合には、出国税あり。空路入国の場合には、出国税なし。

 キューバ入国は、書類を書き別紙にスタンプを押してもらう。軽い質問があったが、トランジットだったからかも。荷物の軽いチェックあり。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1 カンクン ー ハバナ 1.4h 773 前日にTMCという、よく日本人が使う旅行代理店にて購入した。 7〜8月はキューバ&ジャマイカのハイ・シーズンなので、通常よりも200ドル程度高くなっている。また、燃油費も上昇中とのこと。Cubana航空。14:47発。

チケットは、下記の路線。ジャマイカをキングストンではなく、モンテゴ・ベイにすると100USドルほど安くなる。
メキシコ(カンクン) - キューバ(ハバナ) - ジャマイカ(キングストン) - キューバ(ハバナ) - メキシコ(カンクン)
※出発はもちろん遅れた。

カンクンの町から空港までは、ターミナルからADOのバスで30分(35メキシコ・ペソ)。 ハバナ空港から町までは、予約してあった送迎車で向かった。町まで行くバスはないので、タクシーに乗るしかない(30分)。もしくは、別ターミナルに行くとバスがあるらしいが、近くない。
★★★
 
     


値段: USドル$単位(1=107円)
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)



up↑

キューバ − ジャマイカ (国境越え)

査証(VISA):   不要。

 記載する書類は1枚。
 写真は不要。

状況

 空路でのキューバ出国は、チェックイン後に25Cucを払いシールを貰う。
 それを持ってイミグレでスタンプを押してもらう。荷物のチェックは通常の空港と同じ。
 ※臨時便だったためだと思うが、手続きがズサン。(クバーナ航空とジャマイカ航空のコード・シェア便)
  1. DEPARTUREの一覧に表示されていなかった。
  2.インフォメーションは「今日はキングストン行きはありません。」と言い切った。
  3.イミグレも、便の存在を知らず、10分ほど待たされた。
  →情報管理は一体どうなっているのか不思議。

 ジャマイカ入国では、イミグレーションにて出国チケットの提示を要求された(カンクンまで帰るチケットだけでなく、その先も見ようとしていた)。
 荷物チェックはなし。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1 ハバナ ー キングストン 2.3h - メキシコ(カンクン) - キューバ(ハバナ) - ジャマイカ(キングストン) - キューバ(ハバナ) - メキシコ(カンクン) でのチケット購入。
ジャマイカ航空とキューバ航空のコード・シェア便。11:20発。
※何も説明がなく1時間待たされ、最終的に2時間遅れ(噂どおりのいい加減さ、ジャマイカ航空)。

※飛行機のチケット購入時に、トランスポートも依頼していたが、トランスポートは依頼しない方が良いかも。11:20発のフライトに、07:20ホテル・ピックアップとの電話が掛かってきた。4時間前に出発など時間の無駄。変更してくれと言ったが、不可。自分でタクシーで空港に行く方が良いかも(30分)。
 
     


値段: USドル$単位(1=107円)
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)



up↑

ジャマイカ − メキシコ (国境越え)

査証(VISA):   不要。

 ※キューバには滞在するわけではない(3日以内)ので、ツーリスト・カードは不要。
 ※チェック・イン・カウンターは処理が遅く大混雑していた。時期・時間によって、とても時間が掛かることがあるようなので注意。
 ※ジャマイカの空港にて、ハバナ-カンクン間のチェックインはできない。
  ハバナ空港にて係員にトランジットの旨を説明すると、チェックインを済ませ「ボーディング・カード」と「トランジット・カード」を持ってきてくれる。
  1回イミグレを通ってしまうと、イミグレーション・フィー 25Cucを払わなくてはならないので注意。

 記載する書類は1枚。
 写真は不要。

状況

 ジャマイカ出国では、飛行機に乗る場合の通常の荷物チェックあり。
 キューバでのトランジット時にも荷物チェックあり。
 メキシコ入国は、荷物チェックをされる人もいる様子。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1 キングストン ー ハバナ ー カンクン 1.4h
2.4h
- メキシコ(カンクン) - キューバ(ハバナ) - ジャマイカ(キングストン) - キューバ(ハバナ) - メキシコ(カンクン) でのチケット購入。
  1.ジャマイカ航空とキューバ航空のコード・シェア便。07:00発。
  ※チェックインが大行列で出発時間前にチェックインすらできない人
   多数、最終的に1時間遅れ(噂どおりのいい加減さ、ジャマイカ航空)。

  2キューバ航空。12:55発。.
  ※少し遅れて出発した。
 
     


値段: USドル$単位(1=107円)
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)



up↑

メキシコ − アメリカ (国境越え)

査証(VISA):   不要。

 記載する書類は2枚(税関1枚、イミグレ1枚←緑色の紙)。
  →2009年以降、査証なし入国の場合には、オーストラリアのように事前登録が必要との発表あり。
  →米国へのビザなし渡航の際、電子認証システム「ESTA(エスタ)」インターネットで事前認証が必要。2009/1/12より。
 写真は不要。

状況
 空路でのメキシコ出国は、荷物を開けてチェックされた。
 空路でのアメリカ入国では、普通の荷物チェックがあり(状況によっては厳しいらしいが、私はノーチェックだった)。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1 カンクン ー メキシコ・シティ
ー ロサンゼルス
2.5h
4.1h
327 メキシコ航空。TMCという、よく日本人が使う旅行代理店にて購入した。
17:30発メキシコ・シティ乗換。
やはり飛行機は遅れた、どうもアメリカ大陸では、時間を守らないのが普通なのかもしれない。ヨーロッパの電車が時間通りでないのと同じに、彼らには正確な管理が無理なのかも。
LAの空港からダウンタウン(リトル・トーキョー)までは、バス(FLYAWAY)で4USD。24時間運行。30分〜1時間。FLYAWAY下車地点UNION駅からリトル・トーキョーまでは、歩いて行ける。12時過ぎに歩いたが、明るい場所を選んで歩けば問題なし。
 
     


値段: USドル$単位(1=107円)
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)




up↑

アメリカ − タイ (国境越え)

査証(VISA): 

 30日以内の滞在であれば不要。国境・空港にて簡単に入国できる。
(原則としては出国用の航空券が必要らしい)
 過去半年間に90日以上滞在した場合を除く。
 出国チケットは、イミグレにて提示を求められるよりも、飛行機のチェックイン時に確認されることが多い)。

 記載する書類は1枚。
 写真は不要。

状況
 空路でのアメリカ出国は、ボーディング・エリアに入る際の手荷物チェックで、靴を脱いでX線に通さなくてはならない。
 機内預け荷物も、自分でX線の場所に持って行って預ける。・・・乗客にとっては、チェックインのために2度並ぶ必要があり無駄。

 台北での乗換でも、X線のチェックあり。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1 ロサンゼルス ー バンコク 13.0h 687.4 3週間ほど前にネットにて購入した。中華航空を利用。台北経由。
LA-台北。15:55発。1時間遅れ。 
台北-BKK。22:30発。
 
       
値段: USドル$単位(1=110円)
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)


up↑


タイ

査証(VISA): 30日以内の滞在であれば不要。国境・空港にて簡単に入国できる。 (原則としては出国用の航空券が必要らしい)
過去半年間に90日以上滞在した場合を除く。


(タイ国内での主な移動) ・・・写真つきガイドはこちら。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
バンコク−サムイ島
0.9h 7,960 3週間ほど前にネットにて購入。バンコク・エアウェイス。
早朝のプロモーション料金便を選択。サムイ空港からビーチまでは専用ミニバスがあるが、空港行きはないので、タクシーなどの利用が必須となり高くつく。
2
サムイ島−バンコク
1.0h 3週間ほど前にネットにて購入。バンコク・エアウェイス。
割引料金を選択。 チャウエンのホテルから空港まで送迎400B。タクシーで300〜400B程度。ラマイから500B以上(バイク・タクシーなら200B)。
3
バンコク−サムイ島
0.9h 9,275 1週間ほど前にネットにて購入。バンコク・エアウェイス。
通常料金を選択(既に割引チケットは売り切れていた)。 サムイ空港からビーチまでは専用ミニバスがあるが、空港行きはないので、タクシーなどの利用が必須となり高くつく。空港までは、友人がバイクで送ってくれた。
4
サムイ島−バンコク
1.4h 3週間ほど前にネットにて購入。バンコク・エアウェイス。
割引料金を選択。 PG138を購入していたが、早めにチェック・インして席が空いていたためか1つ前の便に搭乗した。予約便はジェット機、振替便はプロペラ機でスピードが違うのだが、結果的に早く到着したので良かった。
 
       
値段: バーツ単位(1=約3.4円)
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=路線バス、電=電車、そ=その他(船など)


up↑

タイ − 日本 (国境越え)

査証(VISA): 不要。

状況
タイ出国は、普通の手荷物チェックのみ。
台北での乗換時にも手荷物チェックあり。

※タイにオーバー・ステイした場合には、500B/1日(最大20,000B)。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1 バンコク ー 名古屋 3.5h 13,660 5週間ほど前にネットにて購入した(その後に、カスタマーセンターに電話し、日付の変更をした)。中華航空を利用。台北経由。チェック・イン・カウンターでは、パスポートとクレジット・カードの提示のみ。
バンコク発名古屋行きは08:25発。定刻どおりの出発。ヨーロッパから飛んできたのだろう、朝の便ということもあり、搭乗者は少ない。真ん中の横4席に横になってのんびりと寝ることができた。
 
       
値段: バーツ単位(1=3.4円)
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)


up↑