世界ぷらぷらロゴトップ

ヨーロッパを旅行する際には、長距離の場合、飛行機の方が安いことが多い。
www.whichbudget.com などを利用して、早めに予約を入れておくと安心。


モロッコ−スペイン (国境越え)

査証(VISA): 3ヶ月以内はビザ不要。シェンゲン協定国に過去半年間に90日以上滞在した場合を除く。

状況
モロッコ出国は、パスポートは提出してスタンプを押してもらうだけ。荷物チェックはX線を通すだけの形式だけのもの。
スペイン入国は、モロッコと同様にパスポートは提出してスタンプを押してもらうだけ(ヨーロッパ国民とその他の国民は窓口が違うので、モロッコ人が手間取ると待たされる可能性がありそう)。荷物チェックはX線を通すだけの形式だけのもの。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
タンジェ−タリファ(−アルヘシラス)
1.6h 307

チケットはタンジェ港の代理店にて、タリファ港経由アルヘシラス行のジョイントチケットを購入した。
タリファ港近辺の街並みや景色は、イメージの中の南欧のようでとてもきれいだった。通常のフェリーに比べると速いが、船酔いに弱い人は乗らないほうが良いかもしれない。
※運賃は300DH、他に発券手数料は人数に関わらず20DH(今回は3人で購入なので1人当たり7DH)。

 
       
値段: DH単位(1=約14円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

スペイン



(スペイン国内での主な移動)  ・・・西欧の公共交通機関は、快適度は日本と遜色ない。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
アルヘシラス−グラナダ
4.5h 19.27 アルヘシラスの窓口にて直前にチケットを購入。16時発(1日5本くらい)。
途中での停車(乗降もあり)も多く、グラナダは遠い。アルヘシラス発なので本数も少なく仕方ないかもしれないが、セビーリャ行きにすれば良かったかと考えた。
※学割はなし。
2
グラナダ−バルセロナ
14.7h 52.65

バスの車内にてチケットを購入。9時発。
このバスもとにかく途中停車が多い。電車のチケットが取れるなら、そちらで行った方が良いと思う。
※学割で15%OFF.
※バス停の2階にホテルインフォメーションがある。

 
       
値段: EUR単位(1=約155円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

スペイン−アンドラ (国境越え)

査証(VISA): 3ヶ月以内はビザ不要。

状況
パスポートチェックはなし。いつの間にか入国。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
バルセロナ−アンドラ・ラ・ベリャ
3.2h 21.00

バスターミナルで直前に購入。1日9便。直行便と経由便あり。
バルセロナを離れると、森の中に進む。そして、山の中にある町を越え、しだいに険しいピレネー山脈に入っていく。川沿いの美しい景色の中を進み、(モロッコから来たためか)車窓に見とれてしまう。アンドラに入る国境には、形だけのゲートがある。あとは、普通の町を少し進むと小さなバスターミナルに着く。
※バス停の窓口がインフォメーションのよう。

 
       
値段: EUR単位(1=約155円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)


up↑

アンドラ−フランス (国境越え)

査証(VISA): 3ヶ月以内はビザ不要。シェンゲン協定国に過去半年間に90日以上滞在した場合を除く。

状況
パスポートチェックはなし。いつの間にか入国。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
アンドラ・ラ・ベリャ−トゥールーズ
3.1h 29.00

バスターミナルで前日に購入。1日2便。5:30, 14:00。
道が混んでいたため、少し遅れた。朝暗いうちに乗客が集まり、中型のバスで出発する。車窓からの景色は、街灯のみで見える。意外と町が続き、採石場や何かの工場もあるようだ。国境を越えて山道を走り、あとは普通に田舎道を空港、駅(バスターミナル)まで進む。

 
       
値段: EUR単位(1=約155円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

フランス



(フランス国内での主な移動)  ・・・西欧の公共交通機関は、快適度は日本と遜色ない。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
トゥールーズ−ベダリュー
2.3h 27.9 直前に駅の窓口にて購入。ベリエ乗換え。11:02発。
少し遅れて発車。車両の外観は汚いのに、中は新幹線のようにきれい。しかも、座席の配置が面白い。横3人がつながっていれば、横1人の席もある。日本のように画一的規格でないのが面白い。車窓から見える景色は特に面白くも無いけれど、次第に緑が増えてくる。ベジエで乗り換えてローカル線に乗ると、周囲は葡萄棚だらけとなる。無人駅もあり、田舎に来た感じになると比較的しっかりしたベダリュー駅だ。
※25歳以下割引(国際学生証で)
2
ベジエ−ニース
5.9h 38.4 直前に駅の窓口にて購入。マルセイユ乗換え。12:20発。
ベジエ駅まで車で送ってもらう。電車は25分ほど遅れて出発。田舎の風景、海沿いの風景を見ながら進む。マルセイユで乗換え、またもや15分ほど電車が遅れる。寝てしまったので風景は余り分からないが、ニース近くになるとずっときれいな海が見える。
※25歳以下割引(国際学生証で)
※ニース駅のインフォメーションは分かりやすい。
 
       
値段: EUR単位(1=約155円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

フランス−モナコ (国境越え)

査証(VISA): 3ヶ月以内はビザ不要。

状況
パスポートチェックはなし。いつの間にか入国。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
ニース−モンテカルロ
0.4h 2.4

駅で直前に購入。
出発は15分遅れ。フランス発の列車は遅れるのが普通のようだ。きれいな海沿いを進む。すぐにトンネルの中のモナコ駅に到着する。
※25歳以下割引(国際学生証で)

 
       
値段: EUR単位(1=約155円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)


up↑

モナコ−フランス (国境越え)

査証(VISA): 3ヶ月以内はビザ不要。シェンゲン協定国に過去半年間に90日以上滞在した場合を除く。

状況
パスポートチェックはなし。いつの間にか入国。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
モンテカルロ−ニース
0.4h 2.4

駅で直前に購入。
少し遅れて発車。帰りの電車は各駅だったようであちこちの駅で止まる。寝てしまっていたが、気がついたらちょうど良くニース駅だった。
※25歳以下割引(国際学生証で)

 
       
値段: EUR単位(1=約155円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

フランス−イタリア (国境越え)

査証(VISA): 3ヶ月以内はビザ不要。シェンゲン協定国に過去半年間に90日以上滞在した場合を除く。

状況
パスポートチェックはなし。いつの間にか入国。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
ニース−ジェノヴァ
3.2h 10.0

ニース駅で前日に購入。
10分ほど遅れて出発(フランスではそのくらいは遅れではないようだ)。海沿いの美しい車窓を見ながら進む。イタリアに入りしばらくすると、庶民的に感じる街並みに。ビーチでは人もたくさん泳ぎ、親近感を持てる(笑)。ジェノヴァに近づくと、工業地帯や港湾地帯の雰囲気が強くなる。イタリア人4人組のおじさんがビールを飲み始めてうるさくて仕方なかった。
※25歳以下割引(国際学生証で)
※ジェノヴァ駅のインフォメーションはシエスタが長い。

 
       
値段: EUR単位(1=約155円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)


up↑

イタリア



(イタリア国内での主な移動)  ・・・西欧の公共交通機関は、快適度は日本と遜色ない。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
ジェノヴァ−ミラノ
2.1h 13.86 前日に駅の窓口にて購入。9:19発。
15分ほど遅れて出発、途中のどかな風景やトンネルを多く越え、後半は霧の為景色が見えない場所も多かった。ICなので快適なのだが、隣の席のおばさんが子供連れでうるさくて仕方がなかった。到着も20分強遅れた
※25歳以下割引(国際学生証で)
※ミラノ駅のインフォメーションはとても分かりずらい。
2
ミラノ−ヴェネツィア
3.3h 22.16 前日に駅の窓口にて購入。8:04発。
20分ほど遅れて出発、途中きれいな石橋やのどかな風景を眺めながらところどころ都会に寄って進んで行く。ICなので快適なのだが、隣のビジネスマンが新聞を広げて邪魔で仕方なかった。最後に海を越える長い橋を渡るのは圧巻!!※予約代3ユーロを含む。
※ミラノ駅のインフォメーションはほぼサービスが有料。
 
       
値段: EUR単位(1=約155円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

イタリア−スイス (国境越え)

査証(VISA): 3ヶ月以内はビザ不要。

状況
突然に銃を持ったようなイミグレ担当官(軍人?)が、乗ってきて驚いた。
ヨーロッパでの国境移動でも、パスポートチェックはあるのだと再確認。
チェック自体はごく簡単で、ペラペラとめくっておしまい。他のコンパートメントではちゃんと調べたりもしれいたようなので、国籍次第か!?

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
ヴェネツィア−チューリヒ
8.2h 51.3

ヴェネツィア駅で前日に購入。10:51発。
10分ほど遅れて発車。1つ空のコンパートメントがあったので、そちらを占有。ミラノまで3時間ほど寝て行けたたのはついていた。ミラノ以降もルガノまで場所を自由に使えた。ルガノからは大量に乗客が乗り込んできた。15分ほど遅れて到着。駅はとても大きい。ルガノを越えた辺りからアルプス越えが始まる。スイスのイメージ通りの山々と木造の家々など。全てが美しい。
※25歳以下割引(国際学生証で)
※チューリヒ駅のインフォメーションはとても分かりずらい。

 
       
値段: EUR単位(1=約155円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

スイス



(スイス国内での主な移動)  ・・・西欧の公共交通機関は、快適度は日本と遜色ない。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
チューリヒ−ブックス
1.3h 32 前日に駅の窓口にて購入。7:40発。
スイスは時間に正確かと思っていたら10分遅れて出発。美しい山々を見ながらブックスに着く。朝の列車なので、それほど混んでいないのもありがたい。
到着すると駅前がバス乗り場。駅からもきれいな山の景色が見える。
 
       
値段: CHF単位(1=約100円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

スイス−リヒテンシュタイン (国境越え)

査証(VISA): 3ヶ月以内はビザ不要。

状況
パスポートチェックはなし。いつの間にか入国。
※ツーリスト・インフォメーションで入国スタンプを押して貰える(2CHF)。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
ブックス−ファドゥーツ
0.2h 1.9 チケットは車内にて購入。リヒテンシュタイン行きは1便/20分ほど。
山々の中にある普通の市街地を走る。すぐにファドゥーツに着くが、普通の何もない場所に下ろされて驚いた。
※国際学生証割引。
 
       
値段: CHF単位(1=約100円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)



up↑

リヒテンシュタイン−オーストリア (国境越え)

査証(VISA): 6ヶ月以内はビザ不要。

状況
パスポートチェックはなし。いつの間にか入国。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
ファドゥーツ−フェルトキルヒ
0.8h 2.7 チケットは車内にて購入。フェルトキルヒ行きは1便/20分ほど。
山々の中にある普通の市街地を走る。
※国際学生証割引。
 
       
値段: CHF単位(1=約100円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

オーストリア



(オーストリア国内での主な移動)  ・・・西欧の公共交通機関は、快適度は日本と遜色ない。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
フェルトキルヒ−ザルツブルク
4.3h 45.5 直前に駅の券売機にて購入。13:20発。
10分ほど遅れて出発。金曜日だったこともあり、若者のグループ客が酒を飲んで大騒ぎ。本当に最悪の電車だった。手段になると若者のマナーが悪くなるのはどこも同じか。途中までは、とても美しい山並みや川が見えた。
 
       
値段: EUR単位(1=約155円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

オーストリア−チェコ (国境越え)

査証(VISA): 3ヶ月以内はビザ不要。

状況
国境駅で、オーストリアとチェコ両方のイミグレ係官がやってきてスタンプを押して去っていった。特にチェックはなし。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
ザルツブルク−チェスキー・クルムロフ
6.5h 38.4 直前に駅の券売機にて購入。8:10発と11:34発が接続が良い模様。
田舎道を進む。森と丘、畑の緑がきれい。再びヨーロッパに戻ってきた気分(イタリアやフランスもヨーロッパだけれど景色は違う)。スイスとは違った自然の良さがある車窓で、外を眺めるのが楽しい。
Salzburg 11:34-12:47 Linz Hbf 13:08-15:42 C.Budejovice 17:13-18:04 (2回乗換え)。
※C.Budejoviceからはバスで行けば待つ必要はない。ただし、土曜日だけはバスの本数が少ない(平日 約1便/30分)。私は運が悪く、土曜日で電車を待つしかなかった。
 
       
値段: EUR単位(1=約155円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

チェコ



(チェコ国内での主な移動)  ・・・写真付きガイドはこちら。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
チェスキー・クルムロフ−プラハ
3.5h 160 車内にて支払。12時発。土曜日は便数が少ない。インフォメーションでチケットを予約して買うと、20CHF高い。
寝ていたので、あまり車窓はどんなだったか分かっていない。到着は郊外にあるバスステーション。地下鉄に乗って、フローレンスバスターミナルか中央駅方面に向かう必要がある。
 
       
値段: Kc単位(1=約5.3円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

チェコ−ポーランド (国境越え)

査証(VISA): 3ヶ月以内はビザ不要。

状況
国境駅で、どちらかの国のイミグレ係官がやってきてパスポートをチラッと見て去っていった。特にチェックはなし。

※両替は旧市街の中でも店舗によりレートが違う。よく確認してお店を選ぶ必要あり。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
プラハ−クラコフ
8.0h 839 直前に駅の窓口にて購入。ECなので高いが、安い列車を乗り継ぐと769Kc。深夜便のクシェットの場合は、1,069Kc。夜行便以外では、ポーランドのKatowice駅にて乗り換えが必要。
チェコ国内では、のんびりした車窓が続く。ポーランド国内では、IC列車には電源がある。また、飲み物やお菓子のサービスがある。
 
       
値段: Kc単位(1=約5.3円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

ポーランド



(ポーランド国内での主な移動)  ・・・写真付きガイドはこちら。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
クラコフ−オシフィエンチム(アウシュビッツ)
1.4h 7.0 当日の直前に窓口で購入。車内での購入も可能。
ポカポカしていたので、居眠りしてしまった。下車は「博物館」にて。乗り過ごしてしまうことのないように注意が必要。
2
オシフィエンチム(アウシュビッツ)−クラコフ
1.7h 10.5 当日の直前に窓口で購入。
ローカル電車だが、座席は快適だった。途中に大きな駅もなく、終点でもあったので乗り過ごしの心配は少なそう。

BUS(from car park) 12:55, 13:55, 14:55, 15:35, 16:15, 18:15

BUS(from bus stop) 10:37, 17:32, 19:02(日曜のみ)

MINIBUS(from bus stop) 10:40(日曜以外), 11:10, 11:50(平日), 12:20, 12:45, 13:10, 13:45, 14:10(日曜以外), 14:45, 15:00(土曜以外), 15:20(日曜以外), 15:50, 16:15, 16:35(土曜以外), 17:00, 17:25(日曜以外), 18:05(土曜以外), 18:50

TRAIN
11:17, 12:40, 14:13(乗換,平日), 15:16(乗換), 16:40, 17:27(乗換), 19;06
3
クラコフ−ワルシャワ
2.8h 86.0 当日の直前に窓口で購入。
ICなので多少高い。ローカルの急行列車の場合は、81.0Zt。1番速い列車の場合は、96.0Zt。クラコフ-ワルシャワ間に大きな都市は無いようで、ずっと林や畑、牧草地などが広がっている。
 
       
値段: Zt単位(1=約41円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

ポーランド−リトアニア (国境越え)

査証(VISA): 3ヶ月以内はビザ不要。

状況
国境駅で、どちらかの国のイミグレ係官がやってきてパスポートを見て去っていった(パスポートを眺めたりしていた)。特にチェックはなし。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
ワルシャワ−ヴィリニュス
9.6h 82.81

前日に駅の窓口にて購入。7:10-14:43 Sestokai(乗換) 14:58-17:43。
定刻通りに発車。早朝の為、乗客は少ない。2席を使って軽く寝ているうちに大きな駅に(9時頃)。そこで多くの乗客が降りる。リトアニアに行くのは、後部の2車両だけなので、最初からそこに乗っておくのが便利。私は途中で車掌に言われて移動した。かわいい女の子2人組のコンパートメントがあったので運が良かった。景色は紅葉した林が続く。のどかな風景でとても心安らぐ。両国には1時間の時差がある。
※夜行便はICバスがある。なぜか不思議なことに駅で扱っている。しかもInterCity!?わけが分からない・・・。
※リトアニアに入って、電車の質が落ちた。ただし、車両にはお湯の供給機能付き(中国と同じ)。

 
       
値段: Zt単位(1=約41円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

リトアニア



(リトアニア国内での主な移動)  ・・・写真付きガイドはこちら。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
ヴィリニュス−トゥラカイ
0.7h 3.8 バスの車内で支払い。11:55発。2〜3本/1時間。
車内は混雑していた。席に余裕が無く立ち客もいる。街を出て東に向かう。車窓はすぐに郊外のものに変わり、のんびりした風景。
2
トゥラカイ−ヴィリニュス
0.6h 3.8 バスの車内で支払い。15:05発。
比較的空いており、リクライニングさせてぐっすり眠ってヴィリニュスに。
3
ヴィリニュス−シャウレイ
2.8h 28.7 前日に窓口で購入。6:45発。他に17:00発もあり。バスは多数あり。
時間通りに出発。本当に「田舎だぁー」と実感する中をひたすら走る。車内は、もともと空いていたが、カナウスを過ぎるとガラガラに。リクライニングを倒してぐっすり寝られた。車内にはやはり給湯機能アリ。また係りの女性が降りる駅を教えてくれた。到着は少し遅れた。
シャウレイ駅からバスターミナルは、歩いて6〜7分。駅のインフォは英語が少し通じる。
4
シャウレイ−ドマンタイ
0.4h 1.6 バスの車内で支払い。Joniskis行きに乗り、途中下車。バスターミナルのインフォメーションは親切。英語も多少は通じる。
7:25(日曜なし), 8:25, 10:25, 11:00, 12:15, 13:10, 14:15, 15:40, 17:05。
車内は空いていた。周囲のお客に行きたい場所を伝えておいたら、親切に教えてくれた。降りた場所はまさに何もない。十字架が2つだけ立っている、T字路。
2
ドマンタイ−シャウレイ
0.3h 1.6 バスの車内で支払い。
7:43, 8:50, 9:37(日曜なし), 10:43, 12:17, 13:03, 14:03, 15:07, 17:39。
比較的空いていた。時刻表より5分ほど早く来て、時間まで待たずに出発したので、バス停には時間よりも早く来た方が良い。
 
       
値段: Lt単位(1=約45円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

リトアニア−ラトヴィア (国境越え)

査証(VISA): 3ヶ月以内はビザ不要。

状況
国境で、どちらかの国のイミグレ係官がやってきてパスポートを持って去っていった(その際にどこに行くのか聞かれ、リーガと答えた)。特にチェックはなし。

※両替はバスターミナル南の市場の中か、旧市街の外れなどがレートが良い。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
シャウレイ−リーガ
2.7h 19.5

バスの車内で支払い。
8割ほどの乗客。ただし、アジア人を敬遠してか、2席使用できた。他にエクスプレスバスもあり、25Lt。リーガ市内に入ってからか、とても混んでいて時間が掛かった。バスターミナルは駅にも旧市街にも近く、とても便利。

 
       
値段: Lt単位(1=約45円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)


(ラトヴィア国内での主な移動)  ・・・写真付きガイドはこちら。

up↑

ラトヴィア−エストニア (国境越え)

査証(VISA): 3ヶ月以内はビザ不要。

状況
国境で、エストニアのイミグレ係官がやってきてパスポートを持って去っていき、スタンプが押されて返された。特にチェックはなし。

※両替は港、旧市街の入口、MANEX以外がレートが良い。チェーン店と思われるMANEXはかなりレートが悪い。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
リーガ−タリン
5.4h 11

前日にバスターミナルの窓口で購入。急行バス以外は、8Ls。
乗車は15分程前から。座席指定もあったが、中はガラガラで自由席のようなもの。バスは林の中を走り続ける。ツンドラはもっと凄いのだろうと、シベリアを想像してしまう。
バスは旧市街付近を通って、港へ。そこで下車したが、そのまま乗っていると遠くのバスターミナルに連れて行かれる模様。

時刻表 02:10, 02:30, 06:15, 07:20, 08:30, 10:50, 12:00, 15:30, 17:00, 19:15, 23:40 ※電車はないので、直行便はバスか飛行機だけ。

 
       
値段: Ls単位(1=約220円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)


(エストニア国内での主な移動)  ・・・写真付きガイドはこちら。

up↑

エストニア−ロシア (国境越え)

査証(VISA): 
 リトアニアの首都ヴィリニュスでビザを取得。
 ヴィリニュス駅の30番窓口(実際には番号はない。28番の2つ隣)での取得が一般的。

 ただし、「夜明けの門」近くにある旅行代理店などでも可能(少し安い模様)。
 ※ラトヴィアの首都リーガなどでも取得可能だが、時間が掛かるのと多少高い。

 料金 即日(08:00〜10:00申請、16:00〜18:00受領) 380Lt (1Lt=約45円)
     4営業日(※3日後) 280Lt
     6営業日(※5日後) 220Lt
     
※土日を挟むと長くなる。

 申請書類 顔写真1枚(光沢が無く、マット紙のもの)※。
        用紙に住所・所属先(職場、学校)、入国予定日(その日以降1ヶ月間有効)、
        訪問予定先のみを記載(簡単)。
     ※駅前の黄色い建物内の「KODAK」にて、4枚8Lt(窓口で受け取った紙を見せないと10Lt)で
      取得可能(ロシアビザと伝えること)。

 ベラルーシビザの取得も可能。
 料金 即日(08:00〜10:00申請、16:00〜18:00受領) 300Lt
     7営業日(※8日後) 170Lt

!! 2007夏以降は、バルト三国でのロシア・ビザ取得は困難。
!! 2007冬時点では、ウクライナのキエフなどでロシア・ビザを取得するのが一般的。


状況
エストニアのパスポートチェックなどは簡単に終了する。ただし、荷物チェックは警察犬がバスに乗り込み、不審物を探しに来た。
麻薬を中心とした取締りと思われる。

ロシア側の入国はいたって簡単だが、私のパスポートは痛んでいる為、しっかりと本物かどうか確認していた。

荷物チェックは全くなし。

税関の申告書は、言わないともらえない。
用紙をもらい(2枚)パソコンやデジカメ、現金、TCなどを記載して印鑑とサインを貰った。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
タリン−サンクト・ペテルブルグ
7.5h 315

前々日にバスターミナルの窓口で購入。
ほぼ時間通りに出発。雪の中を走り、林も景色も白い。冬が近づいたロシアに行くのだと言うことを実感。雪景色以外は特に見所は気がつかなかった。バスは快適で、モスクワまで行っても大丈夫なくらい。トイレもしっかりしていた。2階建てバスだった。
390EEK 06:00-13:00(S)
350EEK 07:00-15:30(S)
270EEK 10:15-18:45(S),19:15(B)
270EEK 11:00-20:15(S),20:40(B)
350EEK 14:30-23:10(S),23:35(B)
270EEK 21:30-06:45(S),07:10(B)
350EEK 23:00-07:05(S),07:30(B)
270EEK 23:59-08:30(S),08:50(B)
※S=駅、B=バスターミナル
※学割で10%OFF!!

 
       
値段: EEK単位(1=約10円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

ロシア



(ロシア国内での主な移動)  ・・・写真付きガイドはこちら。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
サンクト・ペテルブルグ
−プシュキン(ツァールスコエ・セロ)
1.0h 34 メトロで終点のクプチノ(12)まで。路線バス(12)で、プシュキン近くの交差点へ。そこからプシュキンのデツコエ・セロ駅まで路線バス(0)。宮殿まではまた路線ミニバス(10)。
※英語も通じないが、親切なロシア人が助けてくれた。大感謝!!
2
プシュキン(ツァールスコエ・セロ)
−サンクト・ペテルブルグ
0.8h 37 路線ミニバス(25)でメトロのマスコーフスカヤ駅まで。そしてメトロ(12)。
※英語も通じないが、親切なロシア人が助けてくれた。大感謝!!
3
サンクト・ペテルブルグ−モスクワ
7.1h 1,637.8 前日の早朝にモスクワ駅窓口で購入。21時〜02時頃に多数便あり。2等寝台(4人コンパートメント)。
子供たちのお休みの時期に重なり、安いクラスのチケットは全て売り切れ。ス1週間は全て売切れのような状態なので、あきらめて高いクラスを購入。当日、驚いたことに同室の3名が現れずに、個室として使用。
※夕食、飲み物(ジュース、水、お茶・・・)、シーツ、新聞、雑誌、歯磨きなどのセット・・・全てが無料で付いていたのには驚き!!室内も清潔。
ほぼ時間通りに出発した。ただし・・・少し暑くて眠れなかった。
 
       
値段: RUB単位(1=約4.6円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑


移動(欧州4)へ