世界ぷらぷらロゴトップ

ヨーロッパ全般に共通だが、切符やチケットを買っただけではなく、自分自身で改札をしなくてはならないことが多い。もしチケットを持っていても、改札していない場合には、罰金をとられるので注意!!

※自分自身で改札 = 駅や車内に、手動の機械が置かれている。周りの人を見ていれば分かるので要注意!!



ブルガリア

トラム1 トローリーバス 路線バス
0.5Lvからと安いし路線も分かりやすいので便利。街中で無料で手に入る地図に、路線図も載っている。
滅多にチケット確認係りはやってこないので、無賃乗車は簡単なようだ。運が悪いと10倍払いらしいが・・・。
※リラの僧院に行く場合には、No5に乗って行く必要がある。
線路はないが、パンタグラフにて電気を受けて走っている。普通のバスと同じだが、ちょっと珍しい。 路線も多く乗りこなすのは難しそうだが、きっと便利なのだろう。路線は多いようで、市内の至る場所で見かける。

タクシー 地下鉄 電車

初乗り0.5Lvからと安い!!旅行者が行く範囲内の市内であれば2〜3Lvでどこでも行ける。とても便利だし、雨の日などは使い勝手大。

0.5Lvで便利。近郊に買物や映画を見に行く際など。車内も綺麗だし文句なし。
切符は特に切られたりもしないので、何回でも使えるのではないかと思ってしまうが!?

バスに比べると幾分古い感じがするが、広さもクッションもあり快適そう。ルーマニアまで、座席で42Lv。寝台で60Lv。
国際列車も多いようで、キエフ行きだとか行ってみたくなってしまう。


ミニバス 長距離バス  
 

乗っていないので分からないけれど、トルコのドルムシュと同じ!?バスよりも細かく動き回っている。

バスは新しく清潔だが、値段はトルコより安い。  

その他

up↑

ルーマニア

特急電車 電車 地下鉄
日本の新幹線のよう。なかもすごく綺麗でルーマニアの底力を見させられた思い。
切符も普通列車と比べても、2〜3割増し程度。オススメ!!
そこらの国で走っている電車と同じ。とても快適なのだが、特急電車を見た後ではガッカリになってしまう。ほぼ定刻どおりに走っており、普通電車もかなり良いのだが。 乗っていないので不明だが、路面電車と同様に分かりやすい。市中心部のあちこちに地下鉄の入口があるので、夜間など1人で出歩くよりは利用した方が安全そうだ。

タクシー トラム 路線バス

乗っていないので料金は不明だが、要交渉な場合もあるらしい。面倒なので乗らない。

安いし路線も分かりやすいので便利。滅多にチケット確認係りはやってこないので、無賃乗車は簡単なようだ。運が悪いと40倍払いらしいが・・・。ブルガリアとほぼ同じ。 路線も多く乗りこなすのは難しいが、かなり便利。路線は多いようで、市内の至る場所で見かける。ちょっと汚い車両も多い。チケット確認係りが割と来るらしい。無賃乗車は40倍払い。

トローリーバス 長距離バス 長距離ミニバス
ブルガリアから急に見るようになった電気で走るバス。トラムがたくさん走っているので、その延長線なのだろうが、そんなに利点はあるのか??
稀に電線から外れてしまうようで、運転手がなおしたりしているのも面白い。
長距離バスになると、外観内装共に発展している国は全て同じようになってしまう。
大都市間などを結んでいる。ただし、未利用。欧州では電車の路線も本数も多いのでバスはかえって不便になる。
大型バスが走らない区間をアチコチよりながら走っている。ただし、未利用。
電車よりフレキシブル。

その他

up↑

ハンガリー
スロヴァキア
セルビア
マケドニア
アルバニア
モンテネグロ
クロアチア
ボスニア・ヘルツェゴヴィナ
スロヴェニア
チェコ
ポーランド
リトアニア
ラトビア
エストニア
ロシア

東欧を回ってみて思ったこと。交通機関がどこも全く同じ。国が狭いことや、旧東側諸国として町の開発が進んできたことと関係があるのだろうか。
ヨーロッパ以外でも、大きく差がないので写真を撮っても仕方がないかとも思ってはいた。ともかく、あまりに同じなので、違いが出るまでは敢えて各国のページは作らないことにする(同じ内容が、たくさんあるだけになってしまう)。

※セルビアなどは、走っている交通機関は同じだが、全てが古かった。経済力の違いか!?
※ハンガリー、クロアチア、スロヴェニア、チェコは質が高い。

長距離バス 路線バス トローリーバス
電車の路線が豊富なので、小さな町に行く以外は特に乗る必要はない。電車に比べると料金は安め。国際バスもあり便利。 路線は豊富で、町の中のどこにでも行ける。
本数も比較的多いようだ。
路地のような場所までも走り回っている。バスよりも路線が分かりやすいので便利。それにしても、欧州ではどこに行ってもこんな時代遅れ(?)のバスが走っている。写真を撮る際にも、常に電線が邪魔になる。
※マケドニア、アルバニア、スロヴェニアにはない。

タクシー トラム 地下鉄
他の国と同じ。
料金は初乗り500Ft強かかるので、高め。
バスよりも路線が分かりやすいので便利。それにしても、欧州ではどこに行ってもこんな時代遅れ(?)のものが走っている。いつも信号待ちや車待ちをしてのんびり進んでいる。燃料の節約にはなっているのだろうか。
※マケドニア、アルバニアにはない。
料金が多少分かりづらいがとても便利。
初乗り130Ftから。観光ポイントを回るなら地下鉄で十分か。
※スロヴァキア、セルビア、マケドニア、アルバニア、モンテネグロ、クロアチア、スロヴェニア、リトアニア、ラトヴィア、エストニアにはない。

その他

up↑