世界ぷらぷらロゴトップ

ベトナム−中国 (国境越え)

査証(VISA): 14日以内の滞在であれば不要。国境・空港などから簡単に入国できる。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
ハノイ−ランソン(ボーダー)
3.3h 128

ハノイの宿にて購入した。
朝6時半に、宿に車が迎えに来た。他の客を拾いつつランソンまで移動。ドンダンで乗用車に乗り換えて国境に向かった。エアコンも効き、乗換えもスムーズで高かっただけありとても快適な移動。
★★★

 
       
値段: ドン単位(1,000=約71.5円) 値段は1,000単位で記載。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

中国



(中国国内での主な移動)  ・・・写真つきガイドはこちら。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
ボーダー−憑祥
0.5h 6.5 タクシーをオーストラリア人とシェア。
降りたときに料金のことでモメ、とても時間がかかった。エアコンが効かなかったので、凄い砂埃で髪の毛がバサバサになった。
2
憑祥−南寧
6.5h 35 バス停でチケットを購入した。エアコンバス
事故で道が渋滞になり前に進めなかったり、乗車している人が公安の検問で逮捕されたりと予定時間を大幅に越えた。
★★★
3 南寧−広州 9.5h 130 バス停でチケットを購入した。エアコン寝台バス。たくさんのバス便あり。
とても快適だったが、場所が悪かったためかベッドの長さが身長に足りずきつかった。また、雨が降ってきて雨漏りがあった。預けた荷物もずぶ濡れになっていた。
★★★★
 
       
値段: 元単位(1=約14.5円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、空=飛行機、そ=その他(船など)

up↑

中国−香港 (地域越え)

査証(VISA): 90日以内の滞在であれば不要。国境・空港などから簡単に入国できる。

両替レート
香港市内に両替商が多数あり、どこでもレートはあまり変わらない。
※外貨から両替する場合は、重慶マンションが良い。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
広州−九龍
3.0h 110

中国大酒店で購入。
30〜60分に1本出ている。トイレ休憩は1回あり。とても快適なバス。中国イミグレで下車、手続きは簡単に終わり再び車内に。違うバスに乗換えとなった。
香港イミグレで下車、手続きは簡単に終わり再び車内に。ただし、イミグレでは日本にはいつ帰るのかなどアレコレと質問された。バスからは旺角で降り、地下鉄で佐敦駅に。そして日本人宿ラッキーに向かった。
※すぐ近くの東方飯店からは、100でバスが出ている。
★★★

 
       
値段: 元単位(1=約14.5円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

香港



(香港国内での主な移動)  ・・・写真つきガイドはこちら。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1         小さな移動のみ。バス、電車、フェリーは数HK$〜。
 
       
値段: HK$単位(1=約14.3円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

香港−中国 (地域越え)

査証(VISA): 14日以内の滞在であれば不要。国境・空港などから簡単に入国できる。私たちは、90日シングルビザを香港の宿で依頼し230HK$で取得した(延長できないリスクなどを考えると、入国前に期間の長いビザを取った方が心配が少ない)。
※香港では、90日ビザ(シングル、ダブル)や半年ビザ、1年ビザの取得が簡単に出来る。日本人宿ラッキーやゴダイゴに行けばすぐに分かる。

両替レート
香港市内に両替商が多数あり、どこでもレートはあまり変わらない。
※外貨から両替する場合は、重慶マンションが良い。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
九龍−広州
3.7h 80

ラッキーハウスのすぐ近くで乗車。
45分に1本出ている。とても快適なバス。香港イミグレで下車、手続きは簡単に終わり再び車内に、しかし乗り換えのバスがどれだか分からずにいたところ別のバスの運転手が乗せてくれた。
中国イミグレで下車、手続きは簡単に終わり再び車内に。東方飯店で降り、地下鉄で宿に向かった。
★★★★

 
       
値段: HK$単位(1=約14.3円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

中国



(中国国内での主な移動)  ・・・写真つきガイドはこちら。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1 広州−桂林 10.0h 150 広州省バスターミナルで購入。高級エアコンバス。1日に数便あり。
多少遅れて出発したが座席の前後の幅もあり、比較的快適なバスだった。ただし、運転が荒いのと道路が荒れていたので余り眠れなかった。途中で事故で大破した寝台バスを目撃した。
中国でのバス乗車は、思っていた通りリスクを伴うようだ。桂林ではバスターミナル近くの宿にすぐに落ち着いた。
★★★★
2
桂林−貴陽
10.9h 220 桂林バスターミナルで購入。エアコン寝台車。たくさんのバス便あり。
時間通りに出発。ベッドの横幅は狭いが、エアコンも効き毛布もあり、水とお菓子も配られた。快適な移動。
バスは貴陽バスターミナルに到着。市内なのでホテルに歩いていくことにした。
傷害保険2元。
★★★★
3
貴陽−安順
2.1h 25 貴陽バスターミナル(駅から少し北にある)にてチケットを購入。15分に1便のバスがある。
中型バスだがエアコンは付いていた。ライステラスや素朴な村々を通り抜け、安順の駅の近くにあるバスターミナルに到着した。
★★★
4
安順−鎮寧
0.9h 4 安順バスターミナルでチケットを購入。15分に1便のバスがある。
エアコンはないが、風がとても涼しく快適な移動。鎮寧には小さなバスターミナルが2つ(200mくらい離れている)あるが、東側のバスターミナルに着く。
★★★
5
鎮寧−黄果樹(−鎮寧)
0.5h 3 南バスターミナルでバスに乗車し、車内で支払った。たくさんの便あり。
エアコンはないが、風がとても涼しく快適な移動。 帰りは安順行きに乗車し、途中下車した。
★★★
6
鎮寧−安順
0.9h 4 バスの車内でチケットを購入。15分に1便のバスがある。
エアコンはないが、風がとても涼しく快適な移動。安順バスターミナルに到着する。
★★★
7
安順−昆明
16.4h 126 安順バスターミナルでチケットを購入。寝台バス。1日分に1便のバス(13:00発)がある。鎮寧でも寝台が開いていれば乗車可能。
エアコンはないが、風がとても涼しく快適な移動。山々や多くの谷を越えて、雲南省を目指す。素晴らしいパノラマが広がり、ライステラスなども多い。電車ではなくのんびりの寝台バスにして正解だった(オススメ!)。
途中、夕食休憩があった。トイレ休憩は2〜3時間に1回(エンジンを冷やす水を補給するために、必ず休憩がある)。駅前のバスターミナルに到着する。早朝5時半前だったが、車内で7時過ぎまで寝ていて大丈夫(とてもありがたい)。
★★★★
8
昆明−大理
5.4h 35 昆明駅でチケットを購入(特別快速硬座)。
朝8:14発の電車で、初めは混んでいるが徐々に乗客が減り快適になる。朝の風はかなり冷えるが、なぜか窓の開け閉めができない。
きれいな景色が見えるが「安順−昆明」ほどではない。ただし、途中に見える村々の風景は、とても味があって良い。
大理駅前から、大理古城行きのバス(1元)が頻繁に出ている。終点付近に宿が密集している。
★★
9
大理−喜州−大理
0.5h 4 大理西バスターミナルで購入。
往路)どこか更に先に行くバスに乗車し、途中下車した。
復路)喜州発のバスに乗車し、大理古城付近で途中下車した。
快適なバス、降りる場所を言って運賃を払うので、降りる場所で教えてもらえる。
★★★
10
大理−麗江
3.2h 35 大理古城バスターミナルで購入。
11:00発だったが、15分ほど待って乗車した。安い便だったが、乗客のタバコの煙以外はいたって快適。途中、乗客の乗降が数回あったが、遅延もなく麗江の長距離バスターミナルに到着した。
宿までは、歩ける距離のため歩いた。ただし、3路などのバスを利用(1元)した方が明らかにラク。
★★★
11 麗江−昆明 10.3 119 麗江バスターミナルで購入。(エアコン)寝台車。たくさんのバス便あり。
19:30発だったが乗車後に待たされ、20時頃に出発。運転手たちが、やたらとタバコを吸い臭い。窓を開けると寒いので、不快な移動だった。また、夜中に運転手同士で口論をはじめ、うるさかった。朝6時前に昆明西バスターミナルに到着した。
バス停前(ちゃんとした入口の方)から、昆明駅行きのバスに乗って街に出た。
傷害保険3元。
★★★★
12
昆明−成都
19.1h 217/
222
昆明駅にて前日に購入した(特別快速硬臥)。上中下段があり、上に行くほど安い。私たちは下段、中段。
時間通りに出発し、1時間ほど遅れて到着した。下段を取っていたために、快適な移動ではあったが、水場の隣のベッドであるためかゴキブリが大量に・・・。下段の場合は自分のベッドに。上段の場合は通路にある小さな椅子に座れるよう。しかし、中段の場合は下段のベッドにお邪魔させてもらうしかなさそう。
★★★★
13
成都−蘭州
19.1h 248/
256
成都市内の火車票オフィスにて前日に購入した(特別快速硬臥)。上中下段があり、上に行くほど安い。私たちは下段、中段。
西安〜敦煌間の他の駅を想定していたが、国慶節が近く混雑のため蘭州までのチケットを購入した。電車は快適で、多少遅れたが特に気になることもなかった。途中から車窓に黄河が見える。
★★★★
14
蘭州−柳園(敦煌)
19.2h 148/
154
蘭州駅にて当日に購入した(普通快速硬臥)。上中下段があり、上に行くほど安い。私たちは下段、中段。
普通快速は停車駅や電車の通過待ちがやたらと多い。時間に余裕がない人には勧められない。ただし、私たちが乗った車両はガラガラで静かな雰囲気だった。タバコに悩まされることもなく、なかなかGOOD。車窓からは黄河や砂漠が延々と見え、中国らしい風景を楽しめる。
敦煌の町まではバス(ミニバスも)で20元(1.8h)。
★★★★
15
敦煌−ハミ(哈密)
5.5h 70 敦煌バスターミナルで購入。甘粛省では、バスチケット購入時に保険への加入が必要とのことだが、敦煌では不要だった。聞いた話では、他の街では実際に必要とのこと。1日分に1便のバス(8:00発)がある。
右手に雪を被った山脈、左手に荒涼とした砂漠を眺めながらの移動。荒地の向こうに徐々に近づいてくる雪山は美しい。道は荒れているがバスは快適にハミに到着した。
★★★
16
ハミ(哈密)−トルファン(吐魯番)
6.5h 60 ハミバスターミナルで購入。ピチャン行きも考えたが、10元しか値段に差がないのでトルファンに行くことに。1日分に1便のバス(9:30発)がある。
時間通りに出発し、砂漠地帯を進む。途中から暑くなったが、エアコンも働き出し快適な移動。火焔山を右手に見ながら街に入る。道はとてもよく整備されていた。
★★★
17
トルファン(吐魯番)−クチャ(庫車)
14.2h 81 トルファンのバスターミナルで前日に購入。
コルラにて客引き待ち1.5時間と、各町で数分ずつ。さらに食事休憩が2回(各1時間)で、無駄な時間が多かった。直接にクチャに向かえば、10時間程度で着くと思われる。
出発は時間通りに11時半、上述のようにのんびりと進んだ。クチャ到着は夜中の1時半過ぎ。このバスはお勧めできない(安さを追求するなら、このバスも良いかも)。コルラで一泊するか、ウルムチに行き、寝台バスで向かう方が快適だろう。
傷害保険2元。
★★★
18
クチャ(庫車)−アクス(阿克葱)
4.0h 23.6

クチャのバスターミナルで当日に購入(翌日分の扱いはなし)。
時間通りに出発し、順調に進んだ。特に景色も面白みのない砂岩砂漠。中型バスだったので座席が狭かった。到着は市内のバスターミナル(カシュガルなどへの長距離バスターミナルは市外にある。メーターのタクシーで5元。)。
傷害保険1元。
★★★

19
アクス(阿克葱)−カシュガル(喀什)
9.4h 57.6

アクスのバスターミナルで当日に購入(1日2便、座席17:00と寝台19:30)。
バスのライトが故障したり、あちこちで停車したが安い割に快適な移動。道路もほぼきれいに舗装されており揺れも大きくない。朝は5時前頃に到着したが、6時半までバスで寝させてくれた。
真っ暗な中、タクシーで色満賓館に(メーターで5元)。
★★★

20
カシュガル(喀什)
−タシュクルガン(塔什庫爾干)
7.1h 41 カシュガルの地区バスターミナルで前日に購入(1日1便、北京時間10:00)。
時間通りに出発したものの、途中で荷物の積み込みなどに少し時間がかかった。
中型バスだったので座席が狭かった。 カラクリ湖まで(5時間強)は、ほぼ舗装されており揺れも少ない。カラクリ湖前後からは未舗装や道路工事中の箇所が増える。景色は進行方向に向かって左側の座席が美しい(湖や雪山の広がる景色は見る価値あり。ただし、10月よりも8月頃の方が緑も水量もあり美しいと思う)。到着は交通賓館の敷地内。
傷害保険3元。
★★
21
タシュクルガン(塔什庫爾干)
−カシュガル(喀什)
7.0h 62 タシュクルガンのバスターミナルで当日に購入(1日1便、北京時間10:00)。チケット売り場は大変な混雑。購入できない者もいた模様。外国人は優先的に購入できるが、外国人料金の可能性大。
往路と同じバス。雪が降り続く雪道でのバス移動だった。しかし、特別に時間がかかることもなく無事にカシュガルに到着した(まだ数cmの雪のためと思われる)。到着地点はバスターミナルではなく、9番バスの始発点。9番バスに乗って、まっすぐに色満賓館に向かった(1元)。
★★★
22
カシュガル(喀什)−叶城(イエチョン)
4.9h 25

カシュガルの地区バスターミナルで直前に購入(ほぼ1時間毎に1便)。
時間通りに出発した。途中で少し客引きに時間がかかった。
道はとてもよく整備されており、快適な移動。景色は単調(砂漠や荒野)で、ダムなどは見えたものの特に目新しいものではなかった。到着は交通賓館。町の外れだが、周囲には中華料理レストランも並んでいる。
傷害保険1元。
★★★

23
叶城(イエチョン)−阿里(アリ)
33.0h 700

アーバンの雑貨屋で前日に値段交渉(寝台バスは、3日に1便)。
エアコンなどが故障し、出発が遅れた(20時予定→24時)。
※24:00発、04:30チェックポイント、06:30-10:30バス修理、13:15三十里、09:00阿里着。食事休憩は2回あった。
※上段はほぼ空寝台。荷物は車内に持ち込んだ。さらに、値段交渉すべきだった。600元程度で乗る乗客が多い模様(季節も重要)。
※エアコンはずっと故障、窓も1枚割れていた。鍵の閉まらない窓もあった。状況にもよるが、防寒具は必須。
※5,000mを越える峠ではかなり頭痛。途中で意識を失う乗客もいた。
※イエチョン→アーバンは、路線2番バスで1元。
※中国人は、300元の模様。
★★

24
阿里(アリ)−札達(ツァンダ)
5.9h 3,300

ランクル(トヨタのランドクルーザー)を6人でチャーター。
ランクルは、アリのバス発着地点に数台待機しているので、その車を相手に交渉。他に客運免許のないモグリの車や、巡礼客を運んでいる車もある。そういった運転手との交渉も可能。
アリを出てしばらく(舗装されている)し、国道を離れる。荒れた道が続くがしばらくすると"まさに絶景"という感じの土林が広がる。この景色はオススメ。見る価値アリ。
旅行許可証のチェックは一切なかった。
★★★

25

札達(ツァンダ)−古格(グゲ)
−札達(ツァンダ)

0.5h 土林が続く川沿いの荒れた道を進むとグゲ遺跡が見えてくる。遠目に見える姿だけでも圧巻。こういった辺鄙な場所にあるのでなければ、もっと有名になっているのだろう(西洋人旅行者などは、グゲ遺跡の存在を知らない人が多い)。
旅行許可証のチェックは一切なかった。
★★★
26 札達(ツァンダ)−ティルタブリ 4.0h 荒れた道を突き進み、5000m級の峠を越えると国道に戻る。国道は砂利道だが、ツァンダ往復の道と比べれば状態は格段に良い。モンチェルを右折してしばらく(荒れた道)すると温泉とゴンパが見えてくる。
旅行許可証のチェックは一切なかった。
★★★
27 ティルタブリ−大金(タルチェン) 2.2h

砂利道の国道を突き進み、左手にカイラス山とタルチェンの町並み(小さい)が見えてくる。
タルチェンの町までは荒れた道が続くが、川に橋かかって折らず何とか越えるしかない。季節的に凍った川面が荒れていて、一部の水は溶けて流れてもいて通れない状態になっていた。ランクルで回り込んで何とかタルチェンに辿り着いた。
旅行許可証のチェックは一切なかった(食事の時にレストランで調べられた)。
★★★

28 大金(タルチェン)−バルガ 0.9h 200 乗用車を5人でチャーター。
タルチェンを出るバスが不定期(余りない)、かつ、トラックの往来も少ないので近くの国道沿いの町まで車をチャーターした。
夜に荒れた道を進むが、タイヤが滑ったりしてとても怖い。路面はかなりデコボコ。
バルガの町の入口に検問があり、人数制限以上に乗車していた私たちは急いで(許可証不保持の)2人を下車させた。検査時には人数制限以下だったこともあり、結果的に問題はなかったが、パスポートとビザを調べられた。
寒い夜中に下車させられ、荷物も全部降ろされ、とても感じの悪い検査だった。
旅行許可証のチェックは一切なかった。
★★★
29
バルガ−シガチェ
26.1h 1,000

ラサ行きのランクルに乗車し、途中下車(お金はラサまで支払い)。
バルガの町は小さく、交通量のとても少ない(運悪く週末の土日だったせいかも)。爆走するランクルを除けば1日に20台も通らず、目的地まで行く車さえ滅多にない。仕方がなく、ランクルでさっさと移動することに。
景色は特徴もなく、荒野を行くだけ。途中で3回もパンクと修理を繰り返していた。後輪のバランスが悪いようだった。本来なら、もっと短い時間で着くはず。
旅行許可証のチェックはあった(サガの町の東外れで)が、一緒にいた韓国人は旅行許可証不保持だが一切のお咎めなし(本部に問い合わせていた模様)。
※サガまで出れば、一般バスが各町を結んでいる(安い!)。
※アリ−ラサの寝台バス(中国人料金)は、200元。
※プラン−ラサのランクルはもっと安い。

30
シガチェ−ギャンチェ(−シガチェ)
1.2h 25 バス停近くで、許可証を持つ運転手の客引きで。
新車の乗用車、舗装された道路だったのでとても早く快適だった。ただし、スピードを出しすぎているようで事故を起こしそう、怖い。到着は古城近くの大通り。
※ギャンチェ−ナンカルチェ−ラサ というバスもある。
★★★
31
シガチェ−ラサ
5.0h 50 シガチェ・バスターミナルにてチケットを購入。バスは頻繁にある。
途中で停まったりと時間に無駄はあるが、座席には余裕があり快適な移動。到着はラサのメイン・バスターミナル。ホテルまでは遠いがタクシーで10元。
★★★
32
ラサ−シガチェ
10.5h 3,100 ランクル(トヨタのランドクルーザー)を5人でチャーター。
ラサの各ホテルに旅行代理店が入っているが、キレーホテルがもっとも安かった。
ラサ−ヤムドク湖−ギャンチェ−シガチェ と快適に移動。道路もほぼ舗装されていた。ギャンチェ到着が遅く、お堂の門がほぼ閉鎖されていた。
★★★
33
シガチェ−シェーカル(ニューティンリー)
7.5h

砂利道。ラチェより先はかなり荒れている。シガチェ以西はほぼ全て工事中のようだが、全てが中途半端でよくない。
★★★

34
シェーカル−エベレストB.C.
6.5h 砂利道。荒れているが、車の往来がそこそこあるようで、ランクルで移動する分には全く問題ない。
※冬期にはトラックは少ない。ヒッチは時間がかかる?
※冬期にはゴンパ−B.C.間のバス(80元)は走っていない。ランクルで行ける。
※入域料 車405元、人65元。
★★★
35
エベレストB.C.−ダム
9.5h ティンリーまではかなりの悪路。道が凍っていたり、川が大きかったりと何度も下車する必要もあった。景色はチベットの普通の景色。
ニャラムを越えると途端に緑の樹木が見え、とても新鮮な感じ。ティンリーからダム間は割りときれいな道だった。
※ティンリー泊の予定だったが、国境まで一気に行くことに変更。
★★★
 
       
値段: 元単位(1=約14.5円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)
※傷害保険は、任意加入であることが多い。

up↑


移動(南アジア) へ