世界ぷらぷらロゴトップ

スペイン−モロッコ (国境越え)

査証(VISA): 3ヶ月以内はビザ不要。

状況
スペイン出国のイミグレはただスタンプを押してもらうだけ。ただし、船の乗客が行列を作るので混んでいる。
モロッコ入国のイミグレは船の中。モロッコ人に混じって列に並ぶ。処理速度が遅いので早めに並んだ方が良い。カスタムでの荷物チェックは一切ない。

No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
アルヘシラス−タンジェ
3.1h 35

アルヘシラスの港にて直前にチケットを購入。10時発。
乗船前に待合室のカウンターにてチェックインが必要。高速フェリーと通常のフェリーの値段差は2ユーロ程度。時刻はいい加減なようで、乗船したフェリーは1時間ほど遅れていた。船はすぐにスペインを離れ、モロッコ沿岸を通ってタンジェに向かう。タンジェ港からメディナの安宿までは歩いて行ける。
★★★

 
       
値段: EUR単位(1=約150.0円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑

モロッコ



(ブルガリア国内での主な移動)  ・・・写真付きガイドはこちら。
No
移動
種類 時間 値段 コメント
1
タンジェ−シャウエン
3.5h 32 バスターミナルの窓口にてチケットを購入。17時45分発。夏は早めにチケットを確保しておかないと満席になることも多い。
定刻通りに出発し、荒野の中を進む。次第に山がちになり、ティトゥアンに到着する。40分ほど停車し、シャウエンへ。遠回りのうえに、待ち時間が多い。山をさらに登ると、メディナに近いムハンマド5世広場からすぐの坂の下に到着する。
※荷物代5DHを含む。
★★
2
シャウエン−メクネス
5.2h 75 バスターミナルの窓口にてチケットを前日に購入。6時発。夏は早めにチケットを確保しておかないと満席になることも多い。
ほぼ定刻通りに出発し、砂漠のような中を走る。随分と時間も掛かり、フェズに到着するはずが、メクネスに到着した。バスターミナルの窓口に騙されたのだ。他にもフェズに行くと言って出て行った旅行者が、メクネスに行ったと言う話しも聞いている。なぜだろうと思っていたが、単に皆騙されているのだ。バスはCTM(国営)を利用した方が良い。
※荷物代10DHを含む。
★★
3
メクネス−フェズ
0.9h 5 バスターミナルの窓口にてチケットを購入。ダイちゃんは騙されたことを偉い人に訴えて、バスの運転手にお金を払わせた(GOOD JOB!)。
ほぼ定刻通りに出発し、荒野の中の整備された道をひたすら真っ直ぐ走る。大きな街が見えてきたらそれがフェズ。タンジェやシャウエンから来ると、大都会に感じる。
※荷物代5DHを含む。運賃は上述の通り、無し。
★★
4
フェズ−カサブランカ
4.9h 103

駅の窓口にてチケットを購入。1st 155DH,2nd 103DH。2時間に1便ほど。
2nd席にはコンパートメント式と、日本の特急電車のように座席が普通にある車両とがある。コンパートメントタイプはエアコンが効いていなかったようだ。
モロッコの列車は時間に正確と言う噂もあったが、30分遅れて出発し、到着は1時間以上も遅れていた。エアコンが効いていて良かった。
メクネスを経由し、ラバトを越えてカサブランカに向かう。内陸から海に近づき、大都会を見ながら進む。カサブランカのヴォヤージュ駅は以外に小さく感じた。
★★★★

5
カサブランカ−マラケシュ
3.8h 82

駅の窓口にてチケットを購入。2時間に1便ほど。
2nd席にはコンパートメント式と、日本の特急電車のように座席が普通にある車両とがある。コンパートメントタイプはエアコンが効いていなかったようだ。
今回も20分遅れて出発し、到着も遅れていた。車窓には単調な荒野が続くので、飽きてしまってつまらない。マラケシュ駅はそれほど大きくない。市内まではバスかタクシー、もしくは2kmほど歩くことになる。
★★★★

6
マラケシュ−ワルザザート
5.8h 87

CTMバスの窓口にて前日にチケットを購入。17時半発。
噂の通りCTMのバスは、民営バスに比べて格段に良い。エアコンが効きすぎて、寒くて仕方がなくなり毛布を羽織っていた。景色の変化を楽しめるコースだったが、夕方のバスのために途中からは真っ暗に。ここの路線は昼間をオススメする。直前のバスが事故を起こしたようで、このコースは多少事故が大目なのかもしれない。グランタクシーも頻繁に走っているようだ。
※荷物代10DHを含む。
★★★

7
ワルザザート−ザゴラ
4.1h 42

CTMバスターミナルの前にて民営バスをつかまえ、車内にてチケットを購入。朝5時発。やはりCTMバスの方が圧倒的に快適。
すぐに市街地を出て荒涼たる山に向かう。山を降りると、岩ばかりの茶色い世界の後に緑のオアシスを見ながらの道は続く。村も点在し、カスパなども見える。途中で30分ほどの休憩があり、乗客を降ろしながらゆっくりとザゴラの街に近づく。民営バスのターミナルは郊外にあり不便。プチタクシーで市中心部に向かう。
※荷物代5DHを含む。
★★★

8
ザゴラ−マーミド(マハミド)
1.2h 300

グランタクシーチャーター。都合の良い時間のバスが無かったので、タクシーで直行した。
砂丘を左右に見ながら、山を越える。その後、砂漠の道を進み、手入れのされていないような道も細くなる。しばらく行くとマーミドのバスターミナル。ホテルなどはすぐ近くにある。
※バス、乗り合いタクシーもある。
★★★★

9
マーミド(マハミド)−ワルザザート
6.5h 70

バス乗り場にてチケットを購入。もしかしたら外国人料金かも。
CTMのバスターミナルは遠い。乗り継ぎが面倒なので、直行便のある民営バスに再び乗ってしまったが、やはりCTMバスの方が圧倒的に快適。
※荷物代は10DHと言われたが、バス代と共に高く感じたので、交渉。結局、モロッコ人は諦めたので支払いなし。
★★

10
ワルザザート−マラケシュ
5.9h 77.3

バス乗り場にて前日にチケットを購入。
12時出発予定だったが1時間20分ほど遅れた(時間に含む)。動き出した後は快調でエアコンも効いている。アトラス山脈の岩肌を見ながら上り、地層を眺めながら山を越える。ところどころにオアシスが見え始める前には、砂と泥の山の世界、それが終わると緑を見ながら街に向かう。
★★★

11
マラケシュ−タンジェ
10.4h 350

駅の窓口にて当日にクシェット(寝台)のチケットを購入。
エアコンも効き、清潔なシーツもある。電車の揺れも少なく、快適に眠りながらタンジェに到着した。トイレの紙もあり、手を洗ったあとはエアータオルもあるのは凄い。2等は、カサブランカ以降にお客さんが入ってきて、混んでいた模様。クシェット(寝台)の乗客のほとんどは外国人旅行者のようだった。
★★★★

 
       
値段: DH単位(1=約14円) 。
種類: 長=長距離バス、ツ=ツーリストバス、ミ=ミニバス、路=近郊路線バス、電=電車、そ=その他(船など)

up↑


移動(欧州3) へ