世界ぷらぷらロゴトップ

     旅のエトセトラ トップ > 旅の準備 > 旅の祭り > PHOTO > 出会い > 太陽の下のcafe > ぷらぷらcafe > Book

  > 旅のオンナ的視点 > 世界の民族・文化 > コレGET!!



世界のコンタクト状況はどうなっているの??
世界のレンズ、ソリューション購入情報、またはその土地のレンズ使用感についてレポート!!

【コンタクトレンズ購入】・・・
購入方法は日本とほぼ同じ。まずは視力検査をし、自分にあった度数を探してもらい受け取る。視力検査は日本より正確でないことが多い。また、視力検査の希望する旨を伝えないと、前回のレンズと同じ度数のものを渡されてしまうことも多い。検査は慎重にかつ、きちんと自分の意思を伝えるのがポイント。受取は即日のことが多い。在庫は結構揃っている。
レンズはACUVUEなどの世界的ブランドから国産の安物までいろいろ。私は一度目はタイのバンコクで購入。ブランドはDUNAと言って安物国産ブランドだが、レンズはしっかりしているし、値段がとにかく安い。タイ全土、コンタクト屋が多く買い揃えるならオススメする。二度目はインドのデリーで。安物国産ブランドがなく、ACUVUEを購入。タイのに比べると薄く、破れやすそうな雰囲気。値段はやや高めで、日本よりやや安めなぐらい。
使い捨てより1年以上有効のレンズの方が高いのは日本と同様。

【コンタクト・ソリューション購入】
コンプリートのような世界的ブランドから国産の安物までいろいろ。安物は不安があるかもしれないが、だいたいにおいて好調。
「CLEANS」「RINSES」「DISINGECTS」「STORES」「REMOVES」ができれば問題がないと思う。(ソフトレンズの場合)

【コンタクトレンズ使用感】・・・
はっきり言って旅にハード・コンタクトは向かない。特に発展途上国を旅していると、ホコリ、砂埃で涙ボロボロになったりと良いことなし。それに引き換えソフトは目に優しく、目を痛くすることは滅多にない。バイクで走ってもへっちゃら。また使用期限が短いほど目に良い。
ハードはまた、水道水を使うことから衛生面にも影響あり。
タイ〜中国までの使用感についてはこちら。

トルコ

先進度合の割にはショップ少なし。だが、不自由なく買える。イスタンブールでは確実。

特別な問題はなし。ほとんどコンクリート造りなのでホコリはあまりない。

イラン

レンズとソリューションと共に、シーラーズにて購入可能。眼鏡屋兼用のコンタクト屋あり。テヘランは見当たらなかったが、探せば必ずあると思う。問題となるのは言葉だろうか。半分ぐらいの確率で英語が通じない可能性あり。

特別な問題はなし。ほとんどコンクリート造りなのでホコリはあまりない。ただし、車の排気ガスはかなり多い。

パキスタン

滞在期間が短かったため、何とも言えないが、都市部にてレンズ・ソリューションの購入は可能かと思う。ただ、現地人のメガネ、コンタクト使用率が低いため、期待しない方が無難。

ホコリが多い。特に道路はオートリクシャーの排気ガスがひどい。砂漠地が多いので、コンタクトはあまり適さない。

インド

インドは都市部にてレンズを購入できる店が多い。現地人のメガネ率が高いので、メガネショップも多い。インドは正規品(本物ブランド)商品が多いので、物価の割りにはやや高め。でも、視力チェックは信用できる店が多い。

※左:本物コンプリート60ml、定価65Rsだけど、40RsでGET!中央:シルクレンズと言って1番安いソリューション。もちろん、オールインワン。100Rs。右:アキュブーのコンタクトレンズ。1ヶ月使い捨てソフトレンズで3組セットで900Rs。本物なので値段は高い。

  

都市部では問題ないが、砂漠地方、ホコリの多い地方もある。バイク、自転車を借りて乗る機会があるので、その時は注意。

ネパール

カトマンドゥにてレンズ・ソリューションの購入は可能。ただ、現地人のメガネ、コンタクト使用率が低いため、期待はしない方が無難。

ある程度の湿度は保たれるので、問題は少ない。ただ、ツーリストタウンを離れたら何もないと思って良い。

up↑