世界ぷらぷらロゴトップ


  旅のエトセトラ トップ > 旅の準備 > 旅の祭り > PHOTO > 出会い > 太陽の下のcafe > ぷらぷらcafe > Book  

  Part.1


Bucuresti -ブカレスト-

 
故チャウシェスク大統領の私欲の塊「国民の館」。未完の建物を完成させ、政府が各会議などの利用している。

 
左:中央市場。それほど大きくないが、日用品は何でも売られている 右:教会は本当にどこにでもある。そして、きれい。

Sinaia -シナイア-

 
左:ペリショール城外観。木造が心地よい。 右:黄金の間。女王が使用した部屋。



Bran -ブラン-

 
国王の寝室。こういった豪奢な寝室やお城で何を思っていたのだろう。ドラキュラ城は、トルコの侵入に備えて作られたらしい。

Brasov -ブラショフ-

 
左:皆が集まってのんびり過ごしている広場。黒の教会の近く。右:ロープウェーから眺めた街の風景。


左:黒の教会の時計。右:ニコライ堂の入口。

Sighisoara -シギショアラ-


左:ドラキュラのモデルとなったブラン城城主の生家。右:駅付近から見た夕焼け。


左:旧市街にある僧院の内部。