世界ぷらぷらロゴトップ

●Total Eclipse −アンタルヤ(Paradise Valley)− (トルコ)

皆既日食パーティーに出発。(皆既日食パーティ)

皆既日食まで、あと3日という日。

出発の朝になって、当日からサマータイムで1時間前倒しの時刻になっていると気付いた。そう、バスの出発は9時と聞いていたが、私たちが起きた時刻は7時のつもりだったが既に8時を回っていたのだ。トルコだから、時間通りに出発しないだろうと予想は出来るものの、やはり気はせいてしまう。

ゲンキくんとリョウゴくんは、昨夜に気付いたらしくパッキングも済ませ、既にのんびり朝食をとったりしている。他の人は未だに気付いていないか、慌てているかのどちらかのようだ。
ケンさんたちに知らせに行くと、やはりのんびりと朝食中だった。彼らも慌ててパッキング。もう急がないとと、パーティ前の慌しさだ。

中型のバスがやって来た。Lazer Pansiyonにはたくさんの日本人が集まっている。ごく稀に日本人の友人など、数名の白人も混じっているが、ほぼ全てが日本人というのは異様な感じもする。

1台目のバスが来るなり、まずは荷物を載せてしまう。自分の荷物、マユの荷物、ケンさんたちの荷物。そして、まだまだ席に余裕があると見てゲンキくんたちにも声を掛ける。
バスの席に余裕が無いと思った多くの客は、素直に外で待っているばかりだ。Lazerに1番長く泊まっていたリョウくんたちも呼ぶ。そう、車内の9割以上は知り合いといった有様。なかなか楽しげな出発なのだ。

テントやら食材、鍋、あらゆる荷物が混乱のままに載せられ、バスは出発する。
しかし、路上駐車されている多くのレンタカーなどが邪魔だ。バスはなかなか角を曲がれない。ガツッ、ああぁ〜後ろの方がぶつかったらしい。しかし、そのまま何とか角を曲がりきりようやくに出発。

主催者側でバスの認識について混乱などもあり、途中で止められそうになったりと面倒もあった。やはり日本のようには順調に行かない。まぁ、それがグローバル・スタンダードだろうか。
チケットオフィスは、会場の入口からずっと遠い変な場所にあった。私たちはチケットを持っていないので、ここで購入する。200USドル(約23,500円)。180ユーロ(約26,000円)覚悟していた私たちにとっては、少し安くなってラッキーだ。リラで払うこともできるようだったが、USドル払いが1番安かったようだ。

それにしても、トルコではUSドルやユーロがそのまま使えたりするし、ATMからも直接に引き出せる。まさにヨーロッパの入口と感じられる。物価も高いしなぁ〜。

チケットオフィスは、パーティが始まる期待感もあって、妙に浮ついた雰囲気がある。自分の心が、視界に反映されているからか、何だかテンションが高まっている。
パーティという非日常と、皆既日食という非日常、想像できないもののそのミックスの凄さだけを思い浮かべてその瞬間を待つ。

リストバンドを手に入れ、タイムテーブルを見る。
はっきり言って、私は誰が音を鳴らすかをそれほど気にしない。少しはDJを気にする気もあるのだが、往々にして"それどころではなくなる"自分を知っているのだ。その時々に、自分が必要とする音に近い音楽が鳴っていさえすれば満足する。

耕運機のような乗り物乗せられて、ゲンキくんたちがパーティ会場に向けて去って行く。私たちはリストバンド待ちのケンさんたちを待ったり、荷物を整理したりして次の乗り物を待つ。
しかし、待てども待てども次の乗り物はやってこない。待つ人ばかり増えて行く有様だ。全く・・・私たちの乗ってきたバスは既に帰ってしまったが、会場の入口まで行くバスもあるようだ。そういうバスで来れば良かった。いや、むしろ会場の入口まで10km以上もあるのに、こんなところで置いていかれるなんて・・・。

仕方がないのでタクシーで会場に向かったが、予想外に道が荒れていたためか、距離があったためか、運転手は相当に荒れていた。何だか機嫌のよく無い運転手のタクシーに乗るのは、良くないバイブレーションが伝わってきて良くない。

●テント設営と大粒の雹。(皆既日食パーティ)

会場はどこもぬかるんでいる。

荷物を担ぎつつ、どこにテントを張るか悩む。目星はつけていた。アンビエントのかかるチルアウト会場付近だ。そこからならメインステージにも簡単に行けるし、水場やトイレ、川も近い。
しかし、どこもドロドロにぬかるんでいるので、雨が降ったときのことを考えると少しでも水はけの良い高い場所が良さそうだ。

ケンさんたちが場所を決め、うむうむ、と皆で納得しながらテントを張る。私たちは、直前に買った2人用の小さな銀色のテントを貼る。
私たちのために、ケンさんの友人のあっちゃんがテントを持ってきてくれていたのだが、それはテントのないエリちゃんが使うこととなった。
そんなことをのんびり進めていたのだが、もっと急ぐべきだった。

大雨が突然のように降ってきて、まだ置いたままの荷物に襲ってきたのだ。大慌てでテントを建てたりと、右往左往する。まさにツイテいない始まりだ・・・。でも、今この瞬間に会場に付いた人たちに比べればかなりツイテいる。そう考えて、手際よくテントに逃げ込んだ。

近くでテントを張っていたゲンキくんとリョウゴくんたちのダンボールは、ビショビショになってしまったようだ。かわいそうだ・・・。

テントを設営し、落ち着いてから分かったのだが、ガスバーナーを宿に忘れた。あまりに荷物が多すぎて確認すらできなかったことや、急いでいた為だろう。情け無い・・・、せっかく山のような食材があるのに、今日は手の込んだ料理はできそうもない。小さなコンロでまずはチャイを入れるのだった。

まだ日食まで2日もある。

翌日に目覚めると、ダラダラとした生活が始まった。どうもまだ皆既日食という実感もなく、パーティが始まることだけを心待ちにしている。皆既日食ってどんなだろう。期待だけがどんどん大きくなるのは、とても不思議だ。
音が始まる時刻の直前に、パーティの開始について話していると大雨が降り出した。私はテントの中にいたので、特に気にすることもなく「早くやまないかなぁ〜」くらいに思っていた。

「うぁ〜!!」
「痛っ!!」
「寒い〜」
叫び声が聞こえる。
(何だ、なんだ!?)
気になって外に頭を出して驚いた。大量の大きな雹(ひょう)が、視界一杯に降り注ぎ、地面は氷で覆われているのだ。動くに動けなくなったマユやケンさんたちは、テントのフードの下で隠れるように小さくなっている。
(ああ・・・、早くやんでくれないと地面がまたぬかるんじゃうよ。)
そんな風な心配は、まだまだ現実と比べると甘かった。

テントの下に水が溜まりだし、ウォーターベッドのように揺れ出す。周囲のテントは徐々に水没し、悲惨な難民キャンプのように様相が変わっていく。
幾分高い場所に建てていた私たちのテントも、右奥が水に浸かってしまった。叫んだり慌てたりしながら、テントを引っ越している姿も見える。ゲンキ君たちのテントも水没してしまったようで、そのまま引越しをしている。
Lazer で出会ったタクさんたちのテントは、多少高いところに張られていて、周囲では1番安全な場所だ。まわりの混乱を眺めつつ、大変だなぁ〜とボーッとしている。

テントの周りには、水が掘られているものの、どうも流れが悪い。
仕方がないので自分で溝を掘り、溜まった水を流し始める。はっきり言って泥遊び(?)が好きな私は、かなりハマった。寒い中、しばらく汗を流しながら作業をしたのは、後々で考えると失敗だった。
ただ、その時は、満足感と共にどんどん水が流れて行き、
(こういうのが、自分の為 and 皆の為 を両立した行為なんだなぁ〜。)
なんてアホなことを考えてもいたのだ。
ちなみに、私たちの周囲では、こういった新しい溝によって大方の水は流された。その他の場所では、数日経ってもドロドロの水溜りが残り、多くのパーティー客がぬかるみに捕まって被害を受けていた。気分よく歩いてきた感じの人が、大の字になって泥に転んだりする様は、見ていてとても気の毒だ。そして、自分だけはそうはなりたくないという姿でもあった。

こうして、雨と泥の会場で、不十分なトイレと、寒い水シャワーの生活と言うパーティ生活は始まるのだった。

ところで、パーティの開幕だが、メイン会場の支えの支柱が2本曲がってしまったらしく、メインはしばらく使えないという状態で遅れていた。サブ会場で何とか開始ということになったが、会場のコンディションはまさに最悪と言う出発。これ以上は悪くならないという幕開け。

up↑

●ようやく落ち着いて音を聞く。(皆既日食パーティ)

メインステージは、大量に降った雹の重さに耐えられなかった支柱が壊れてしまった。それにより、大急ぎの修復作業が行われている。
地面もとんでもなくドロドロで、とても踊れるような状態ではない。近くに張られていたテントも移動され、廃墟ではないが、寂しい雰囲気も漂う。(こんなんで良いのだろうか?)

メイン会場を右手に見ながらサブステージに向かう。
私たちのテントからは遠い。物理的に遠いだけではなく、足を取られないように気をつけながら泥道を歩くのは疲れる。サンダルの後ろに泥が付き、いつの間にか靴底の大きさが倍にも膨らんでいる。
全く、一体こんなところに何をしに来ているのか!?
そんな疑問を何とか振り払いつつステージの音にハマる。

サブステージはメインステージと化しつつも、実際のタイムテーブルとは大幅に違う順番で流している。
うまく出来ているのもので、残ったサブステージの地面は随分と水はけが良い。キャンプサイトやメインステージより高い場所にあり、その付近だけは踊れる状態が保たれているのだ。

いやぁ〜、ありがたい。早くもアゲアゲとなり笑顔が顔から離れない人々と共に更に日食を待つのだ。

●会場の物価は日本並み!?(皆既日食パーティ)



生ビール約450円。
缶ビール約540円。

(高けぇ〜!!)

鯖サンド約730円。

(食いてぇ〜!!)

とにかく高い物価に驚きつつ、手が出ないものの自然にこの物価に馴染んで行く。余りに出費がかさみ、1リラでは何も変えない現状に慣れていく。不思議なもので、人間は簡単に慣れてしまうのだ。
パーティ後には、パーティ前に「高い!!」と思っていたものまで簡単に買える(決断が出来る)自分になってしまていた。

「パーティと比べたら安いよね〜。」
う〜む、良くない比較だ!!

●パーティ会場。(皆既日食パーティ)

会場は、街から離れた山の中にある。
普段は何も使われていない場所に、今回のために作ったような場所だ。

エントランスまでの道は、当然のように舗装されていない泥道で、既にタイヤの跡で大きな起伏ができている。
エントランスから会場を眺めると、左手にメインステージ200m四方くらいの大きさはあるだろうか。そして、右奥にサブステージが見える。その間をキャンプサイトがつなぎ、右手前の方には狭い駐車場がある。こんな小さい駐車場で良いのか!?という感じだったが、案の定、途中で足りなくなったらしい。

メインステージの裏には小山があり、その裏にチルエリアとキャンプ場がある。山を右側から回り込もうとすると、そこはマーケットになっており、多くの人で賑わっている。酔っ払いやら、腹を空かせて食べ物を求める人、彷徨っていたりする人、懐かしい再会はこんなところでも生まれている。お店はそれほど多くもないが、数日を過ごすには十分な感じ。食べ物屋さんは、10数軒出ているだろうか。

会場は思ったほど大きくなかった。
どうも想像ばかり大きくなってしまって、もっとたくさんの人が集まり、とてつもない広さの中でのんびりとパーティが行われるのかと考えていたが、雨の影響もあるとはいえ、どうもパッとしない。
まぁ、大きくないと感じたとはいえ、最も遠い場所にあるチルエリアからサブ会場までは500m以上の距離はありそうだった。

●暗い日中に、青白い炎が輝く。(皆既日食パーティ)



「来たぁ〜!!」
欠けてきた太陽を見て、大興奮。
エクリプス用のサングラスをして、右下から欠けてきた太陽を見つめる。
「もうステージに行こう!!」
急いで準備をして、酔っ払って向かう。

ステージには、既にたくさんの人がいる。

太陽が、徐々に月の影に入っていく。

スピーカの音が止まる。

全員が太陽を眺める。首を斜め上方に傾けて。

もう、見えている太陽は残り少ない。今にも消えてしまいそう。

周囲が暗くなってきている。色の薄いような世界。

依然として全員が太陽を眺めている。今か今かとその瞬間を待って。

太陽が消え始める。白黒のような世界。

サングラスを通して太陽を見るか、肉眼で太陽を見るか。

ほんの少し残った太陽でさえ、輝き、大地を照らす。
十分に明るいその力が、巨大な炎であることを初めて感じる。

「おおぉ〜!!」
「Great!!」
「Fantastic!!」
いろんな叫び声、そして静寂。

太陽が月に隠れ、球形の月が太陽の前にあるのが分かる。
太陽から吹き出るコロナが白く輝いている。

近くにいた犬が、暗くなった為か寝てしまっている。

周囲を見回すが、ほとんどが太陽を眺めたままの人。
そして、周囲を見回し、皆既日食を実感する人。
全裸で、そのまま皆既日食に見入っている人も。

そのまま訳の分からないとても長い時間。


ダイアモンド・リング!!
またもや叫びともつかない声が響く。
先ほど欠け始めた右下から、太陽が姿を現す。
月の影から、太陽光が溢れ出すように瞬く光が広がって行く。
大地が元の明るい姿に戻る。

犬がワンワンと叫ぶ。異変を感じたのだろうか。

明るい現実と日常が戻ってきたが、頭はまだ現実に戻って来れない・・・。

up↑


●ブラボー。日食。(皆既日食パーティ)

空気の色がとても異様な水色に染まった。

それから群青色に変化し、空の下の方は茜色で夕暮れ風。
太陽の面積は縮まるばかり。ドキドキ・・・。

最後の最後に残った太陽のカケラがキャンドルの灯のように、見守るように柔らかく光る。
そして、その瞬間・・・太陽と月が重なった。合体した。

びっくり。
こんなに自然に感動したのは。
こんな自然を見たのは。

黄色ともオレンジ色とも言えない。
どちらかと言うと、青白いような神秘的な色。
その時は別の瞬間にあり、異次元に居るようだった。

周りの人の強いエネルギーと興奮。
自然の波動と大きな力が全て重なった気がした。

涙が滝のように流れた。
悲し泣きでも嬉し泣きでもない。まさに感動の涙だった。
本当に本当にそれが綺麗だったもので。


●エネルギーの使い方。(皆既日食パーティ)

日食後は夢心地のように過ごした。
あの時は別の異空間にいたような気がしてならない。

日食を見た感想や、その後の言動はみんなバラバラだ。だけど、みんなそれぞれ日食に影響されているように感じる。

エネルギーに吸い込まれるように眠る人。
エネルギーが高まって、放散している人。
リセットできた人、今を生きることが可能になった人。

今まで生きてきて、こんなに自然の力で感動できたことはないと思う。
人や物の力とか以外で自分の意識が変化できることって少ない。
天とか宇宙などの偉大な規模のモノがきっかけになるなら喜びも大きい。
この瞬間から自分自身に何かしら変化があったら嬉しい。
-自然を見たのが理由なら自然に変化する-
そう思う。

そして、あのエネルギーはJUSTエネルギーだったんだ。

ああ、本当に見れて良かった!
次の日本の時も必ず行くぞ・・・。


●グループ行動。(皆既日食パーティ)



気がつけば、大御所(?)日本人テント地帯。
ゴアで知り合ったケンさんをはじめ、その友達カップルが2組とマサ君。もともとケンさんとオーストラリアで知り合いだったエミちゃん、マミちゃん。そして、アンタルヤからずっと一緒のリョウゴ君やゲンキ君も仲間入り。さらに、日本から来た友達のナツちゃんとナオちゃん。少し離れたところにシュウさんとタクさんたち。私たちを含めるとそのエリアは20人ぐらいにもなってしまった。

米を10人前??
人数が多いなら、料理も大量に作らなければならない。2、3人前なら日常的だけど10人前なんて作ったことない。日本でなら計量カップを使うが、ここでは目分量でやる。鍋もでかい。野菜の量も多い。こういう料理の経験もタメになるのであろう。

日本人もよく固まるが、イスラエル人もよく固まる。
多くの日本人エリアは数個のテントを円を描くように建てていくが、イスラエル人はテントを四方に建て、その空いた中央部分の上に布を大きくかけるのが基本スタイルのようだ。それぞれに「お国柄」が出ていてそれもおもしろい。中には山の頂上付近にまで足を伸ばし、テントを張る変わり者もいた。多くはイスラエル人なのだが、徴兵後の筋肉逞しい人たちにはもってつけの場所なんだろうか。
大勢でワイワイやるのも楽しいものだ。

●火事発生!!(皆既日食パーティ)

「火だ!!」
外で誰かの叫びが聞こえた。テントの中でのんびりしていた私は、声の方を向く。

(!!)
なんと自分のテント入口が燃えているではないか!?
すぐにマサくんが足で消し始め、私も手でバタバタと火を消す。買ったばかりのテントは、安物のためか、かなりよく燃える。

手際よく消したつもりが、入口側の1/3くらいは無くなってしまっていた。会場入りしてから、雨は降っているし雹も降っている。そう考えるとこのテントに居続けて大丈夫なものか・・・。
2メートル×4メートルのビニールシートがあるので、それを使えば何とかなりそうではあるが、マユに相談して引越しをすることにした。マユは踊りに行っているのかなかなか帰ってこなくて、引っ越す前に雨でも降ってきたらどうしようかとドキドキしてしまった。

それにしても、あっちゃん(ケンさんの友人でもあり、以前に日本のパーティでもあったことがある)のテントに余裕があって良かった。あっちゃんのテントは、あずさちゃんと2人だけれど4人用くらいのスペースがあり、余裕を持って泊めてもらうことができた。
テントが燃えたのは残念だったけれど、あっちゃんたちと以前より話せたのは良い。あっちゃんは長いドレッドで、パッと見で怖いような印象を持つ人もいるかもしれないけれど、とても温厚な感じ。あずさちゃんによると、私と同じような時にイライラしたりするらしく(笑)ちょっとおかしかった。2人には感謝なのだ。

●風邪を引き、倒れ。(皆既日食パーティ)

(だるいな〜。何だか頭が重いけれど、気のせいだろう。)
そんなことを考えながら、気が進まない中、水を汲みに行く。周囲の皆が洗い物やら料理やらをしているので、自分も何か働かないとまずいな〜なのだ。

水場までフラフラ歩いて行き、5リットルの空ペットボトルに水を詰める。身体はだるいし、足元はグチャグチャのドロドロでどうも危ない。マユにインフォメーションまで言って通訳して欲しいとお願いをされたが、とてもそんな状態では無いので断った。

テントに戻り、どうも調子が良くないと気付き体温を測ると38度。おおぉ〜。せっかくのパーティに最悪だ。なんとかのんびり寝て、治そうと思ったけれど皆既日食の翌日から寝続けることになってしまった。
火事が起きたり熱が出たりと全くツイていなかったが、皆既日食は無事に見られたことだけは救いだった。

その後、雨で地面が冷えていたこともあり、満足に身体も休められず、パーティ終了後まで風邪にやられてしまった・・・。まさに私のパーティは皆既日食までで終わってしまったのだ。

でも、総評すれば良いパーティだった。
ケンさんや、マサくん、アッキくん、マミちゃん、エリちゃん、ゲンキくん、エミちゃん、マミちゃんたちととても楽しく過ごせたという感じ。またどこかで会ってみたい。

up↑