世界ぷらぷらロゴトップ

   旅のエトセトラ トップ > 旅の準備 > 旅の祭り > PHOTO > 出会い > 太陽の下のcafe > ぷらぷらcafe > Book

  コラムメニュー 旅までの軌跡
コラムメニュー 参考情報(帰国後情報もあり)
 


(日常的なもの・デジタル製品)


(情報・スケジュール&金額)


(免許証・パスポート・住民票・国民年金・健康保険・確定申告・固定資産税・郵便物)


(銀行・クレジットカード・証券会社・郵便貯金)





旅のためのお金(貯蓄・節約)*
旅に出る前に使ったお金(準備)*
旅に持って行くお金(持参方法)*
*(旅の情報 > 旅の予算)




実現へ・・・

今年こそは会社を辞め、まゆみと旅に出る。
楽しめると思う。様々な経験ができると思う。幸せになりたいと思う。

ようやく大学卒業時点、いや、それ以前からの想いを実現する時が近づいている。
移り気で一つの事に打ち込むことのない私が、唯一想い続けてきた事だから実現させたいと思う。
大学時代は休学などをして、ほとんど旅行をして過ごした。その時から「いつかは時間に制限がない旅をしよう。」いや、正確には「タイのサムイ島かパンガン島に住みたい。」と心に思い描いていた。

今の仕事が嫌いという訳はない。好奇心を満足させ、責任を持って取り組める仕事だと思う。
ただ、「自分がしたいと思い続ける事をしない」事が怖いのかもしれない。
想う事の実現は簡単かもしれない。「決断」さえすれば。何かをするのも決断、しないのも決断。
生き続けるためにも死ぬためにも(老衰以外は)決断が必要だろう。

今までは学校や企業に「属する」安心感があった。初めてその「属」から外に出ることになる。
家族や日本に属していることも考えれば、本当は何も変わらないのかもしれない。
しかし、今はまだそれを実感できない。依存している自分がいる事も分かる。もっと自由に生きる自分でありたい。
過去の結果としての現在よりも、将来の原因である現在、そして何よりも今この現在を大切にしたいと思う。

何だか真面目な感じの文章になってしまったぁ〜。
旅に出かけるまで(会社を辞めるまで?)は、どこかふっきれないとこがあるからかな?(笑)

04/01/05

up↑
 

旅の動機みたいなもの

takaと出会ってからいつもなんとなく”旅に出ようか”という話をしていた。本格的に決まったのはだいたい3年前くらい。お互い仕事をして節約をして、と最初は漠然とした感じだったけど、いつの間にか本格的に旅の計画をたてたり、旅の本やサイトを読むようになった。よくは覚えてないけど、二人の間は暗黙の了解、行くのは当然の成り行きだったのかもしれない。

もちろんお互い悩んだ。あまり悩まないのが私の良いところだけど、私なりに考えたことはある。私も旅を続け帰る頃には30歳を過ぎる。
仕事への不安はあるようでない。私のような定職に就かない人はそもそも先のコトをあまり考えてない。今更の話である。帰ってきてもしばらくは派遣社員で雇ってもらえるとは思う。

不安は旅をするという世離れ、現実逃避。旅をすることは逃げでもあるような気がしていた。どこに居ても自分は自分。でもそう思ったら最後なのだ。仕事やつまらない日常が嫌という気持ち以上に、未知の世界へ踏み込むことへの好奇心のが勝っていたように思う。実際、カルチャーショックは人を変え得ると思う。普段は会わないような人、風景、雰囲気。なければないで生きていけるけど、「ない」ということより「あるかもしれない」ことに賭けてみたい。

たぶん旅に出ようと思わない人はそのままの場所にいるだろうし、行く人の気持ちは理解し難いものかもしれない。でも言えることは、もともと私は思ったらだいたいは実行に移すタイプであること、そうでなかったら旅に出る決心は難しいと思う。だってそういう勢いがないと絶対難しいと思うから。タカのようにすでにたくさん旅していない私には特に。知らないからこそ決心は早かった。

----------

私の旅はパッケージツアーから始まった。そして、2度目のバリ島から”旅行”が”旅”に変わった。
でも自分にとってまだ満喫していない旅の醍醐味が絶対あると思ってる。それは日本語以外の言語であり、普通には行けない土地であり、様々だと思う。
ないものネダリ精神が足を進めるのもあるんじゃないかと思う。

04/01/05

up↑

PC試行錯誤

旅中に使用する目的で、10年ぶりにパソコンを購入した。
Let's note Light W2である。仕事はSE(?)である為、PCはもちろん毎日使っている。
趣味で使うとなると、仕事で使うのとは使い方に大きな違いがある気がする。フリーソフトやPC設定をするのがこれから楽しみ!

04/01/10

up↑
 

PC接続

ようやくYahoo!ADSLがつながった!なんだかすごく嬉しい!

電話をつなげて、すぐにYahoo!に申し込んだ。そして10日間ほど心待ちにしていた。
だが、送られてきたモデムは故障のため使用できなかった。そういうこともあって、2回目に送られてきたモデムで接続できたときは余計に嬉しかった。

今まではインターネットの利用は会社からだけだった。そして今、旅行に持っていくPCを購入し、ホームページ作成のためにインターネットに接続したのだ。これからはホームページをデザインしたり、レンタルサーバを決めたりする楽しみが増えた。「どこに行くか」「どうやって行くか」といった旅のことを考えるのは楽しい。PCもその楽しい話題11つになり、旅の間の暇つぶしも含めて、これからPCにはいろいろとお世話になるだろうと期待している。

ところで、個人的に旅行に向けてしなくてはならないことは下記の通り。
1)会社を辞めること
2)バックパック購入
3)諸々の手続き
4)日々の節約
5)パソコン関連

1)会社を辞めること
会社に退職予定をいつ伝えるか迷っている。仕事の関係上、辞める場合には半年以上前に伝える必要がある。そろそろ伝える必要があるのだが、旅行から戻ってきたときの不安が「その一言」を延び延びにさせている原因だ。
会社勤めをしている友人はほとんどいないためか、みんな自由に旅をしたりしている。そして「どうにかなるよ!」と言われる。実際にどうにかなるとも思うが、簡単に踏ん切りをつけられないのは慎重な性格故か優柔不断の故か。

2)バックパック購入
40L位のバックパック購入を予定している。以前に1年ほど旅行をしたときはデイバックだったが、今回はPCを含めいろいろ持って行こうと思う。なるべく軽くしたいので、何を持っていくかこれから楽しく悩みたい。
まゆみと2人で荷物を共有できるものも多いと思うので、1人旅より効率的になると思う。

3)諸々の手続き
とりあえず銀行やカードの住所を実家にしたり、住民票を抜いたり、旅行保険と国民年金、税金を払ってから行く予定だ。
これは唯一のあまり楽しくない準備かもしれない。

4)日々の節約
大学を卒業し、今日まで7年間節約してきた。あともう少し節約して、旅行を楽しみたい。
※パーティやクラブ通い、海外旅行をもっと我慢するべきだったかなぁ?(笑)

04/01/27

up↑

退社の予定

今日、今秋に退社したい旨をようやく上司に伝えた!

普通に考えたら退社の意思を伝えてから、退社まで半年以上の期間があるのは余りに長いとは思う。でも、なるべく会社に迷惑をかけない為にはそれが良いのではないかと思う。
私が現在の仕事に満足していることを知っている上司なので、前向きの退社なら頑張ってみろという感じだった。一言忠告として貰った言葉は「今の(比較的恵まれた)待遇を再び得るのは難しいだろうから、よく考えろよ」だった。実際そうだと思う。

せっかく辞めるんだから2〜3年は旅行を十分楽しむぞ!いいきっかけがあれば、どこかで仕事も始めたいな。その為にも今からでも少しでも準備しないと!

04/02/12

up↑

退社の日

私の職歴は泣きたくなるぐらい多く短い。
正社員になっても1年足らず、長くても半年のアルバイトをしたり短期の派遣社員をしたりといい加減なものだった。何が原因かと言うと、「飽きっぽい」、「いろいろな職種に無駄に興味を持つ」、「バイトの楽さが好き」だからだろう。
そんな私が少し変わった。
派遣社員から会社に入社したのが2001年。気づけば、あっという間に3年も(私にとっては”も”!)働いていた。
会社はフジテレビにちょっとだけ関係を持っていて、社長もヒゲを生やしたお洒落な元テレビプロデューサー。会わなかったけど(周りを見ない人なので)会社のビル内に芸能人がうろうろ普通にいたりした。そんな社長の元、とてもフレンドリーでにぎやかな会社だった。私の仕事はパソコン動画配信のファイルを見てエラーチェックするという一見変わった仕事。つまらないビデオだと本当つらいんだけど、たまに最新映画を試写会より先に見れるというおいしい仕事もあった。それ以外は事務でこれも楽で楽しいし、データベースやVBAを作ってみたり、PCの技術を学べる時間もたくさんあってかなり良かった。
仕事中にみんなで占いをしたり、HP作ったり、ビール飲んでワールドカップ観戦したり、何だか普通ではあまりない良いことがたくさんあった。だから3年も続いたんだろう・・・。

3年間の労働と毎日のお弁当などの節約の甲斐あって、貯金も納得いくくらいに貯まったし、仕事も暇が続いていたので潮時と思い、5/20をもって退社した。
最後に何度も送別会を開いてもらえた。会社の人と離れるのは寂しかった。会社の方、大感謝です!

04/05/20

up↑

無職の日々

仕事を辞めて3ヶ月。その間、職安へ行ったりやるべきことはいくつがあったが、実に極楽な自由生活だ。(・・・タカには悪いけど)仕事をよくチェンジするので有名な私だけど、実は学校卒業後からは貧乏暇なし、ほぼ隙間なく働いていた。だからこの3ヶ月の時点で初の自由な時間だ。自由なことは良い様で悪いこともある。実にスローペース人間に変わったと思う。本人は一生懸命やっているつもりが、時間があるからか何故かとにかく時間がかかる。特に、旅に出たらもっと頭が悪くなるんじゃないかと不安でもある。

無職になる時に目標を作った。
・帰ってきてからのために資格を取る。
・英語の基本を勉強する。
・このサイトの基礎を作る。
・会えなかった友人に会う。
これ以外に「旅のサイトで下見」というのがあったけど、これがかなり進んでいない。これは一体どうするべきなんだろう。有名な世界遺産、国の情勢、国境の越え方など抑えていた方が良いに決まっているけど、知らないという喜びもあるに違いない。きっと私はこのまま無知な人間のまま行くことになるんだろう・・・。

04/05/20

up↑

退職願を提出

退職願の用紙を受け取り、その場ですぐに記載して印鑑を押した。
退職することを上司に伝えるまでは、本当に辞めて旅に出るのかと幾日も悩んだ。それらが嘘だったかのように、あっさりとしたものだった。このどうということのない紙1枚で退職が正式に決まる。既に決断していた為に、既定路線として考えている自分が、この決断について振り返ることもなく記載してしまったかのようだ。
おそらく、会社を去る最後の日か、会社に行かない生活に慣れてから、ようやく退職というものを実感できるのだ。その時にどう感じるのか、今は正確なことは分からない。ともかくようやく一歩踏み出した。ここから旅が始まる。

最後の一ヶ月を前向きに、そして「立鳥跡を濁さず」で行きたい。

ちなみに、退社後は慌しく各種の住所変更や手続きをして、大阪と沖縄に行くことにしました。しばらく会えなくなる友達とお酒を飲み、行ったことのない沖縄を満喫して日本の思い出にする予定です。沖縄は安宿もたくさんあるみたいですし、日本の中のアジアみたいなところなのでしょうか。ともかく、今からワクワクです。

04/09/06

up↑

バイトは大変なものである!

最近1週間の派遣と2日間のバイトをした。派遣は会議室にひとり閉じ込められてデータ入力の仕事だったので、かなり楽勝だったけどバイトはとても大変だった。時給1000円以下。バイトの中でも良い時給だけど、一日中倉庫内作業や超単調作業をしていると時間がとても長く感じてしまう。よくまあ、学生の頃はこれをやっていたもんだと思う。やっぱり事務は楽なのね・・・と思った。時給も良いし・・・。
このバイトで10歳くらい若い子と一緒に仕事した。普通に会話したものの、すごい若さを感じた(笑)。バイトというものは若い子がするものだから当たり前なのだろうけど。旅から帰ってきたら若い子に囲まれて仕事するのだろうか・・・?

04/09/7

up↑

住所変更の煩わしさ

あれやこれやと引越しをするために、たくさんの住所変更をしないとならない。ネットや電話で住所変更届を書くだけで住所変更できる場合も多いし、その場合は仕方が無いことなので煩わしいとは思わない。
しかし、住所変更の為に紙の「変更届」を請求し、送られてきた「変更届」に記載し証明証を同封して返信するとなると煩わしい。2004/01から制度改正があり、投資信託の口座を持っている場合などは手続きが面倒になったのだ。
ネットバンキングなども普及したが、いろいろなところで「紙文化」がたくさん残っていて面倒くさい!

04/09/13

up↑

沖縄行予約・BKK行予約

だんだんと実感が湧いてきた!!

・日本航空のマイレージを使って「羽田−伊丹−那覇」の予約を入れた。
・船の「那覇−石垣島(\11,720/person)」の予約を入れた。
・NWの「成田−バンコク(\45,000/person)」の予約を入れた。

沖縄までは、マイルが余らないようにクラスJにした(これを機に日本航空のマイレージを貯めるのは、やめる予定なので)。ともかく、これで旅に向けた予約は全て終了!本当に出発するんだとようやく感じ始めてきました。
バンコクには夜に着くので「まずはホテルをどうしようか?」「夜はどこに遊びに行こうか(それとも出発祝いをするか)?」など考えるだけで、自然と笑顔になります(笑)。

ところで昨日、人事部に退職手続きの確認をしていると「退職日の2004/11/30には本社まで来て下さい」とのこと。当日には日本にいないことと航空券を既に購入したことを伝え、なんとか出発前日の2004/11/8に手続きに行くこととなった。軽く考えていたが、ちょっと私に常識がなかったのかも・・・(笑)。

※旅の出発は 2004/11/9 ですが、書類上の退職日は 2004/11/30 になります。ちなみに 2004/10/6 から有給休暇を取得して、諸手続きや引越し、旅行にと時間を使わせて貰います。感謝!

04/09/18

up↑

ついに無職!

ついに旅の為に退職した・・・

最後の日に皆さんに挨拶し、感謝の意を伝えた。
最後に花束を貰った。メッセージカードを貰った。

オフィスから離れ難かった。

ついに来た、この時が。これから、今までも自分に何が起こっているか正確には理解していないが、状況の節目であることだけは明確に分かる。これを良い節目とするようにしたい。

彼女と近所のダイニングバーに行って、朝方まで飲んだ。こんな風にのんびりと翌日のことを考えないで飲んだのは久しぶりだ。楽しい時間を過ごせた。

ありがとうございます。
皆様に。

今日はそんな気分です。

※takaの退職前後の日記はこちら

04/10/05

up↑
旅の持ち物へ