世界ぷらぷらロゴトップ

マイナー空港間の移動。(ロンドン-ローマ)

ライアン・エアーで、ロンドンからローマに飛ぶ。

ロンドンはヒースロー空港ではなく、スタンステッド空港発となる。
ローマも、フィウミチーノ空港ではなく、シャンピアーノ空港着となる。

マイナーな空港であるから、市内より幾分遠くなる。
したがって、空港と市内間の移動費が幾分高くつく。

道端に、この看板がいくつもあった。イタリア語は分からないけれど、想像通りかな・・・!?

ロンドンの市内からスタンステッド空港までは、専用の急行列車で15ポンドもする!!
バスもあるけれど、10ポンド。しかも時間が随分と掛かるようなので、電車でも仕方がないと思えてしまう。
ローマのシャンピアーノ空港から市内までは、バスと電車を乗り継いで行くことができるようだったが、面倒くさくて直通の専用バスに乗ってしまった。8ユーロなり・・・。

飛行機代が安いのは嬉しいけれど、その他でお金が掛かるのはイマイチだ。
ベルギー−ロンドン間のBMI航空や、ローマ−アテネ間はどちらもメジャーな空港が使われている。そうしてみると、ライアンエアーがマイナーな空港を好んで(?)使っているのか!?

分かっていることながら、格安航空券を使う場合には、そのあたりも注意なのだ。

●パンテオンとか。久しぶりの歩き回り。(ローマ)

ローマ市内を歩き回る。
ヴァティカンに引き続きサトシ君と一緒に歩く。

こんなに歩くのは本当に久しぶり。
ここ1週間ほどは風邪で体調が悪く、歩き回るどころではなかった。
タイにいた時はレンタルバイクをしていたこともあり、50mの距離でも歩かずにバイクに乗っていた。極力まで本当に歩かないという、まさにタイ人化現象であった。

「歩ける」というのは気持ちが良い。
歩きたいのに体調が悪くて歩けない時は、本当に情けなかった。どこまででも歩いていけそうな気がするのは幸せなことだ。

ヴァティカン市国を離れ、パンテオン方面に向かう。
向かうと入っても地図を眺めながらではなく、適当に方向だけ定めて進んでいく。
イタリアの道は、どこも区画整理ができているとは言えず、とても歩きづらい。しかも、ローマは起伏も激しい。なんというか、イタリアのいい加減さが出ているようでほほえましい。

途中、いくつもの教会を経由し、パンテオンの裏側に出た。
(おおぉ〜、確かにでかい!!)
お腹が減ったので、ピザをつまみながらパンテオンを眺める。
まずは中をのぞいたのだが、どうも魅力に欠けた。既に午前中からヴァティカンを見てきたことが影響を与えているのかもしれない。パンテオンはきっと外観が「魅力」なのであろうと、外に出て全景を写真に収める。いやぁ、大きい。ホント、そういった魅力の建物だ(笑)。

次はトレヴィの泉を目指す。
なぜ有名なのかは分からないが、確かに私も聞いたことがあるし、ともかく行ってみる。すぐに見つかり、サトシ君は大喜びしている。どこで写真を撮るか、キョロキョロして嬉しそうだ。そういう姿を見ていると私も嬉しくなってくる。
「いやぁ〜、凄いじゃないですか!TVと同じですよ、同じ!!」
(う〜む、確かにそうなのかもしれない。TVの再確認かぁ・・・。)
TVの再確認って、考えてみると重要なのかも。
TVが本当とも限らないし「百聞は一見に如かず」も自分の目で直接見るのと、何かを通して見るのとでは違ってくる気がするし。

トレヴィの泉だが、ギリシャ神話の水神オケアノス像が中央にかまえ、海馬や半人半魚のトリトンが周囲を守っている。この泉は18世紀に作られたとのことなので、まだそれほど古いわけでもないのだ。
泉に背を向けてコインを投げ込むと、ローマ再訪が叶うと言われているらしい。そして、もう1度コインを投げ入れればどんな願いも叶うという。1人だったら、恥ずかしさでコインを投げ入れたりはしなかっただろう。ローマ再訪には興味はないけれど、願いはあるものなぁ・・・(笑)。
現実の世界は厳しい。
こんなコインの1つや2つを泉に投げ入れたところで何が起こるはずもないが、こういう「遊び」もたまにはいいのかなと思う。

「ヴァティカンとトレヴィの泉は、どっちが印象的?」
サトシ君に聞いてみると意外な答えが!?
「トレヴィの泉かなぁ〜。」
ヴァティカンは余りに広すぎて、途中で眠くなってしまったので採点が厳しいらしい。
サトシ君、独自の視点を持ってるなぁ〜(笑)。
私なら、やっぱりヴァティカンだけれど・・・。

●ローマの休日の・・・。

「スペイン階段でジェラートを食べないと!!」
さすがにサトシ君、ちゃんと書く目的地に「設定」が存在している。
「なんで、ジェラート食べるの?」
「ローマの休日知らないんですか?」

もちろんローマの休日は見ている。
何回も見ているといってもいい。オードリー・ヘップバーンは魅力的だし、夢のあるストーリーも好きだ。最近では「ノッティング・ヒル〜」も同じような話に感じたけれど、やっぱり好き。
「でも、ローマの休日は見たことないんですけれどね。」
おおっ、サトシ君、見たことはないのに、そういう有名なシーンだけはちゃんと知っているらしい。
大きく歳が違うというわけでもないのだけれど、若者っぽいなぁ〜なんて思ってしまうのだった(年寄りっぽい・・・笑)。

スペイン階段での飲食は禁止されているらしい。
とは言いつつも、ジェラートを食べている人も見えるし、ハンバーガーなどを食べている人もいる。でも、見える範囲にジェラート店は見えない。サトシ君はガッカリした感じである(笑)。

とりあえず階段を上ってみることにする。
トレヴィの泉もそうだったけれど、ここスペイン階段も本当に日本の女のコが多い。
「ローマって日本の女のコ、みんなかわいいよね。」
「服装もすご〜くきれいだしね〜。」
「イタリアに来るコっていうのが、そういうコが多いのかなぁ・・・?」
「他の場所の旅行者とはちょっと違うよね。」

階段の1番上まで上る。
不思議なことにその先に降りる道はなく、単にまっすぐの道が続いているのだ。
さすがにローマは丘が多い。

帰路にサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂に寄り、写真だけ撮って満足して部屋に戻った。大聖堂はとても大きくて、威厳がある感じだ長けれど、内部に入るにはお金も掛かるし、それになんといってもローマにたくさんある教会の1つにしか見えない。そういう場所にお金を払うよりも、無料の教会がいくらでもたくさん点在しているのだから!!(笑)

up↑

 

 

 

●さすがに見所の宝庫!!(ローマ)

サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会。
本当かどうか知らないが(こんな風に疑っていること自体が冒涜!?)、聖ペトロが捕らえられて牢獄につながれていた時の鎖が聖遺物として公開されているのだ。
そうなると話の種に「鎖」を見てみたいではないか。鎖は主祭壇の下にガラスケースの中に入れられて展示されていた。今の鎖と比べると、1つ1つの輪が随分と大きいようだが、その方が作るのは簡単だろうし昔はそういう鎖が主流だったのだろうか。
イタリアであるから、観光客の多くはキリスト教信者だと思う。でも・・・西洋人の多くは、鎖よりもミケランジェロの「モーゼ」に見入っている。鎖は見ない人もいるし、見てもちょっとだけ。それも対比としてはとても面白い。
もっともミケランジェロの三大彫刻の1つといわれる「モーゼ」なのだから、そちらに注意を引かれるのは当然かもしれない。









コロッセオはすぐ近くだ。
歩いてそちらに向かうと、巨大な建築物が勇姿を現す。近くに行くと、既に行列が見える。中に入るのには入場料が掛かるし、行列もできている。そうなると、もう入る気力はなくなる。コロッセオの内部は想像できるし、感動できそうにもない。サトシ君流に言うと、TVで何度も見ているから想像できるって感じか!?



凱旋門と共にある、大きなその姿を眺めながら1周する。
そして、今日の個人的な目玉であるサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂を目指す。今日の他の見所から、大聖堂だけは外れているのだけれど、気合で行かなくてはならないのだ!!(っていうほどは遠くない。せいぜい1kmほど。)
外観からは特別なものは感じない。特に大きいかどうかも分からない外観だ。



門をくぐり中に入る。
(おおっ!)
さすがにいきなり、美しい装飾と金色に輝く像などが目に飛び込んでくる。
先入観というか前知識なしで、普通にこの大聖堂を訪れていたら本当にびっくりしただろう。ヴァティカンに比べられるくらい、とにかく凝った装飾が施されている。
ヴァティカンに教皇座が移るまで、長い間カトリックの中心だったらしく、さすがに素晴らしいのだ。現在の大聖堂は1650年の修復によるものらしい・・・。
1870年までは、教皇の戴冠式はここで行われていたというから本当にキリスト教徒(カトリック)にとっては由緒ある場所なのだ。
ただし、ヴァティカンほどではないけれど、観光客はとても多い。でもまぁ、慌しさの様な雰囲気は感じないので落ち着いて見ることができるのだった。

それにしても、ローマの中央駅から歩いていける範囲だけをとっても、サン・ピエトロ寺院やサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂をはじめ、50や100の教会は普通にありそう。歴史があるっていうのはこういうことなのだろうか。
日本でも京都などはお寺が多いし、それと同じなのだろう。歴史を振り返ってみれば、宗教と権力は密接につながっていることも多いし。

●フォーラムの語源って!?(ローマ)

サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂を出て、もう今日は観光も終わったような気分。
でも時間もあるし、回らないともったいないような気もする・・・。

コロッセオの場所まで戻り、ファロ・ロマーノを見学する。
古代ローマ共和政時代という古い時代に市民生活の中心地だったらしい。市内に普通に、こうした大きな遺跡があるというのも凄い。
そして、それだけでなく、市内のあちこちに名もない遺跡のようなものが散見される。きっと日本などにあったなら、人が押しかける有名観光地にすらなっていそなものも多い。
遺跡の規模は大きく、崩れ落ちた建築物もそのままになっていたりする。
こういった石の遺跡は、ローマだけでなくギリシャや中東でも見られる。決して特別なものには感じないけれど、規模は大きい。
1部だけ、入場料を取るエリアがあったが、入ってはいない。もしかしたらそちらは、印象的なのかもしれない・・・。



ローマの休日で有名な「真実の口」があるサン・マリア・イン・コスメディン教会に行く。1人でもあるし、とりあえず「行った」という写真が欲しい。
列に並んで「口に手を入れて」とかは恥ずかしくてできない(笑)。こういうのって、女のコの多くが大好きだけれど、なんでだろう・・・?
思ったほど長い行列ではなかった。並んでいる人々の数割が日本人のようだ。さすがにどこでも日本人は多いなぁ〜。
教会の中には聖バレンタインの骸骨が展示されていたのだが、聖バレンタインって誰だろう。百科事典で調べたのだが、調べ方の問題か、よく分からなかった。

up↑

前へ 次へ